サーフィンが上達するためのマインドって何?

サーフィンは難しい...

一度はそう思ったことがある方は多いはず。

波は常に変化するし、人の混雑具合によっては1ラウンドで一本の乗れないなんてこともあり得る。とにかく自然を相手にするスポーツの中で、最も難しく奥が深い。そんなスポーツだと個人的には思っている。

サーフィンに21年間向き合ってきて、サーフィンが上達するためのマインドって何だろう?どんな環境が上達させてくれるんだろう?そんなことを思いながら今回は記事を書いていこうと思います。

あっ!ちなみに今回は上達するために必要なテクニックのHOW TOとかではなく、中年の戯言として読み進めてもらえたら幸いです(笑)

キープサーフィン!出来るだけ海に行こうよ!

やっぱり海でしょ!?そして波に馴染む為にも、出来る限り海には行きたいですよね。

ちなみに海に馴染むって事は、テイクオフする事や技を決める事も当然そうなんだけど、波と自分とのフィーリングみたいなイメージ。

沢山波乗りをして行くうちに毎回違った表情・感情を見せる波に、気づいたら自分が合わせられるようになってくるんだよね。それって上達にも繋がってるはず。

つまり波に馴染むって事は"自分と波との一体感"って事。

陸の上では絶対に感じ得ない、海に入っていなければ絶対に感じられない感覚に沢山触れていくことで、そうだ!海に行こう。そしてサーフィンをしよう。って気持ちになる。

これはサーフィンが上手いとか下手とかは関係ない話で、誰だってキープサーフィンすることで得られる感覚だから、自分のマインドに持っておきたい気持ちだよね。

沢山海に足を運んでさ!どんどんサーフィン上達しちゃってよ!

サーファーの仲間って国宝級じゃない?

昔、先輩から「もっとレール入れたサーフィンしないと格好悪いよ(笑)」みたいなこと居酒屋で言われて、子供みたいに喧嘩したことがあるんだよね。

でも、そのお陰で自分のサーフィンを動画に撮って勉強するようになったし、幼稚な喧嘩の甲斐あってか、その先輩とは20年たった今でも一緒にサーフィンする。

一緒にサーフィンした仲間って海で会えば、ず〜っと仲間なんだよね。人間だから苦手な人も沢山いるけどね(笑)

そして、サーファーの仲間が刺激をくれたり、アドバイスをくれたり、気持ちが乗らない時でもあげてくれる。これは上達するに決まってる。

もし"一人がいい"って気持ちの人は、海では周りに沢山同じような思いで浮いてるサーファーがいるでしょ?"そいつらも皆んな仲間だ!"みたいな気持ちでやってみて!

仲間のライディングから沢山の気づきがあるはずだよ。

サーファーフレンドって国宝級だよ。仲間を思う気持ち。これもサーフィンを上達するために大切なマインドのひとつだね。そして、コミュニティーの中で学ぶサーファーマインドの大きさは計り知れない。

今すぐスマホで一緒に海行ける仲間を探してみちゃってよ!

サーフィンの道具を大事にしてますか?

サーフボード、ウェットスーツ、リーシュコードにワックス。シーズンや波のコンディションによってサーフィンをするための道具は沢山ある。

そのどれもがサーフィンをするたびに劣化していくもので消耗品なわけだけど、私はひとつひとつに思い入れがあり、サーフボードに関しては車よりも大事にしている。

自分の波乗りにいつもお供してくれるサーフボード

自分の身体を守ってくれるウェットスーツ

命綱といっても過言ではないリーシュコード

時と場合によってはどれも欠けてはならないものだし、自分のサーフィンライフを一緒に築き上げて来たものばかり。

いい波に乗った時、いいライディングが出来た時、身の危険が防げたと感じた時、そこにはモノを言わずにそっと力を貸してくれた道具たちがいる。

心の中で「ありがとう」って言ってやろう。また次回も見えない力を貸してくれるかもしれない。

自分を過信し過ぎてはダメダメ

実はこないだ、インドネシアのロンボク島に行ってきたんだよね。また別の機会に記事できたらと思ってるんだけど、その時に「マウイ」ってスポットに足を運んだ時の話し。

見た目はダブルくらいのレフトで少し掘れてるかな?くらい。いい波なのに誰も入ってないから一緒にいたガイドとゲットしてったらもう最悪。

スパー流れ強いし、波でかいし、引き過ぎててリーフ丸見えだし。みたいな状況で一本乗って早々に避難。死ぬかと思ったわ(笑)

何が言いたいかって調子に乗って自分を過信しすぎちゃってるでしょ?ってこと。

サーフィンは反復運動が難しいスポーツだし、自然のコンディションで波は一瞬で変わってしまう。1ラウンドのサーフィンはとても大切な貴重な時間になるんだよね。

だからこそ1ラウンドのサーフィンを大切にするべきだし、その為にも自分を過信せず、しっかりとポイントの状況を確認して自分のレベルに合った海へ入ろう。

ロンボクのマウイでは、私が過信しすぎた結果、ガイドが血だらけになっただけでなく、貴重な1ラウンドを台無しにしてしまった。

チャレンジという意味では、貴重な時間であり、上達にも繋がったと思っているが、これが多くなると上達どころか大きな怪我に繋がってしまう。

過信を捨てることはもしかすると上達に繋がるのかもしれない。

憧れのサーファーを見つけよう!

サーフィンを始めた頃から自分の好きなサーファーは変わっている。正確には増えているって感じ。

始めた頃はインゴットハンズに出演していた「シェーン・ドリアン」その後、ロストのラーダーだった「アラン・コーミカン(通称:ゴーキン)」もちろんケリーもアンディも大好きだった。

ジェフィリーズベイで魅せた10ポイントライドで「ディーン・レイノルズ」にハマり、同じJbayでいつも好成績を出す「フィリペ・トレド」も大好きだ。

ただ憧れとなると「ジョエル・チューダー」フィッシュフリークの私としては「デイビッド・ラスタビッチ」とかなり絞られてくる。

憧れのサーファーのスタイルやライディングを意識して真似してみる。出来ないことは悩まず真似しようの精神だ!簡単ではないがそのマインドを持つ事は上達への近道になるはず。

必ず目標を持つようにしよう!

サーフィンの上達が早い人のマインドには、必ずと言っていいほど目標設定が明確にある。つまり自分の課題や問題点をしっかりと理解していて改善する為の解決策を探していたり、練習をしているのだ。

私自身、ここ一年程月に2回、レッスンやコーチングを受けながら自分の目標に向かうようにしている事でサーフィンの上達を実感している。

この記事をここまで読み進めてくれている方は私と同じように自分のサーフィンの上達に思い悩んでいる方のはず。自分のサーフィンの課題や問題に気づいているのか?自分のサーフィンの目標設定がしっかり出来ているのか?

今一度考えてみて設定し直してみてはいかがだろうか?

トライ&エラーを繰り返すより、今日やるべきことを目標に持つことは、その1ラウンドのサーフィンだけでなく、サーフィンライフそのものに大きな意味をなすことになる。

達成の為のマインドセットを整えておくことは上達の為に絶対不可欠なものだ!

イメージトレーニングをしよう!

日々、イメージトレーニングを心がけていると、試してみたくなる気持ちも高まり海に行きたくなるし、モチベーションアップにも繋がる!日常もサーフィン三昧にしちゃっていいっしょ!

DVDなど動画でイメージトレーニング

憧れるプロサーファーなどの凄いサーフィンをボォ~と流して見るのではなく、出来るだけ自分の目標とするところを、そのプロサーファーはどのようにしているのかとパートを探して見て研究してみてもいいですね。

スケートボードでのイメージトレーニング

ただスケートボードをするのではなく、海でサーフィンしているかのような妄想に合わせるようにサーフスケートをしてみましょう。

撮影した映像でのイメージトレーニング

今や気軽に誰でも映像を撮れる時代。

可能であれば、自分の今の状況を撮ってもらったり、意識高い人はソロショット3とかで自撮りしてみてもいいですね。

自分の現状を知りショックを受けるかもしれませんが、気を取り直してどこが悪いのかを分析してみましょう。そして改善のきっかけにすると良いでしょう。

見てスキルを盗もう!

サーフィンというスポーツは初心者から上級者まで、レベルを問わず同じフィールドで行うスポーツです。

ゆえに自分の目標とすることのヒントは、海に入っている上手いサーファーからも得られます。

せっかくなんで波に乗る前に見てスキルを盗んでしまいましょう。

今日のサーフィンを振り返ろう!

家に帰るころには「あ~楽しかった!」と現実の世界に戻っていると思います。ビールを飲みながらでもいいから目標としたことが今日は出来たのか?出来なかったとしたら何故なのか?

こうして今日の自分のサーフィンを振り返り分析してみることは、また海に行きたくなることにも繋がるものです。「来週こそは絶対クリアしてやるぞ!」といったように。

冬場も頑張ろう!

サーフィンは夏場がハイシーズンですが、やはり海は混んでいます。

冬の海はサーファーが少なく空いていて、波に乗るチャンスも格段に増えてきます。

冬を越えたサーファーは、春先から夏場にかけて上達すると言われるのは、こうした理由があります。ぜひ冬も頑張って欲しいものです。

サーフィンを上達するための心得まとめ

気づけば自分の思うことを長々と書いていまったが、結局のところサーファーとしてそして一人の人間として、純粋にサーフィンを楽しむことが上達への近道って事が言いたかっただけ(笑)

ここまで読んでもらってなんだが、上手くなりたいって考え方より、サーフィンを楽しみたいって考え方を大事にした方がいい。

サーフィンを心から楽しめるマインドがあるサーファーは必ず上達できるようになってるんだよね。考え過ぎなくても上手くなっちゃうって感じかな。

今回の記事を書きながら、自分自身、サーフィンと出会えたことにとてつもなく感謝の気持ちが湧き出てきてしまった。

さあ、今日も海へ行こう!

☆★サーフラボをLINE友だち登録で★☆

☆★サーフィン情報を毎日GET★☆

友だち追加

スポンサーリンク

おすすめの記事