サーフィン初心者必見!サーフボードに立てない原因と練習方法

サーフボードの上に上手く立てない・・・。

なんで上手く立てないのか原因がわからない・・・。

そんな風に悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

最初の内は何が原因で立てないのか、自分では気付きずらいものです。

そこで今回は、初心者にありがちなサーフボードに立てない理由とその練習方法について解説していきます。

サーフボードに立てない!主な原因は?

よくありがちなサーフボードに立てない理由をまずは解説します。

パドリングが弱い

画像出典:Youtube

サーフィンをやっていて上手くボードの上に立てない原因の1つはパドリングが弱い事にあります。

ポジション取りやボードにスピードを乗せる為など様々な場面で使われるパドリングですが、パドリングが遅いとスピードになかなか乗りません

自転車等でイメージして頂くと分かりやすいですが、スピードがなくてほとんど停止している自転車にそのまま乗り続けるのは大変ですよね?

自転車もボードの上もある程度スピードがあった方が乗りこなしやすくなるのでスピードを乗せる為の発射になるパドリングが遅いとそれだけでボードの上に立つのが大変になってきます。

最初からうねりに乗ろうとしている

画像出典:Youtube

うねりとは、波が崩れる前の状態の波の事を言います。

このウネリからテイクオフをすれば波からもらえるパワーは大きくなって安定したサーフィンができます。

一見、良い事だらけの様に見えますが、うねりから乗る為には早く、強いパドリングに素早く立ち上がってベストのポジションに足を置くなどのテクニックが必要になってきます。

初心者の内は一つ一つを確認するためにも、うねりから乗るよりはスープ波(波が崩れて白い部分がワシャワシャなっている状態)から乗る様にしましょう。

目線が下がっている

画像出典:Youtube

サーフィンにおいて目線は重要です。

目線が下を向ていしまっていると自然に頭も前のめりになっていきます。

人間の身体のパーツで最も重いのが頭ですから視線が前に行く→頭が下がる→前のめりになる→ボードから落ちるという悪循環に陥ります。

これを避ける為には遠くを見る事。

車の運転などでもそうなのですが、視線は遠くに置く事が上達の一歩です。

難しいテクニックではないので心がけ1つで改善される内容です。

サーフボードに立てない人がするべき練習方法

まずはパドリングを練習!

ボードの上に立つ際に重要な事の1つはパドリングだとお伝えしました。

なので、パドリングの練習が兎にも角にも一番です。

一見すると遠回りかもしれませんが、パドリングはサーフィンの基礎技術になるのでパドリングの精度が高ければ高い程、結果的に上手く波に乗れると言う訳です。

家のベッドでテイクオフの練習

ボードに立てないという人はまずは簡単な場所で立つ練習をするのが良いでしょう。

おすすめはベッドの上です。

ベッドの上だと固い地面とは違ってやや不安定です。自分でバランスを取ってやらないと転んでしまいます。

つまり、海ほどは難しくなく、地面よりも実践的になると言う訳です。

ベッドの上でパドリングの姿勢を取ってそこからボードの上に立ってみて下さい。

その時に足の位置、目線、重心移動、姿勢などを一瞬でできる様に練習してください。

ベッドの上でできなかったら海の上では絶対にできないので簡単な場所で練習してみて下さい。

ベッドの上が嫌な人はヨガマットを利用しよう

ベッドの上で練習するのが理想ではありますが、あまりやりすぎると布団が破けてしまいます。

練習場所としては最適なのですが、生活面や衛生面ではあまりおすすめはできません。

そこで利用したいのがヨガマット。

ヨガマットは地面を保護したり、硬い床から身体の方を守ったりしてくれますからボードを置いて練習するのには最適です。

ヨガマットを使う事で地面 or ベッドを保護するのはもちろんボードの保護にも役立ってくれます。

絶対に買わなければならないという物でもないですが、ボードが破損したり、布団が破けてしまう事を考えたら安い投資ではないでしょうか。

ヨガマットは厚さ15mmあれば極厚と呼ばれるので最低でも15mmを選ぶのをおすすめします。

まとめ

ボードの上に立てない原因とその練習方法について解説してきましたがまとめますと、

・パドリング、波選び、目線が主な原因

・海でのおすすめの練習はパドリング

・家での練習はベッドの上でボードに立つ練習を使用

となります。

上記を意識しながら、基礎技術を磨いてみて下さい。

☆★サーフラボをLINE友だち登録で★☆

☆★サーフィン情報を毎日GET★☆

友だち追加

スポンサーリンク

おすすめの記事