【2019年版】人気サーフィンブランドのおすすめTシャツ10選

夏になると欲しくなるアイテムと言えば、Tシャツですよね!

ラフな雰囲気のサーフ系ファッションはサーファーのみならず、街中でも多くの方が取り入れており、夏になるとオシャレなサーフブランドのTシャツが着たくなるという方もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、ビーチはもちろん、街中にもマッチする人気サーフブランドのオススメTシャツを厳選してご紹介!

自然体でおしゃれなTシャツを身にまとい、夏を思いっきり満喫しましょう。

記事の内容人気サーフブランドの厳選Tシャツ

人気サーフィンブランドのおすすめTシャツ10選

サーフィンが盛んな国では多くのサーフブランドが誕生しており、どのブランドが良いのか悩んでしまいますよね。

今回はサーフブランドの説明と合わせて、厳選したTシャツをご紹介していきます。

波乗り太郎
波乗り太郎
待ちに待った夏だし、新しいTシャツが欲しいな〜

シンプルなものから2019年最新モデルまで、厳選したTシャツを教えるよ〜
LABO君
LABO君

1.Afends(アフェンズ)

アフェンズは2006年にサーフィン大国オーストラリアのヒッピータウン”バイロンベイ”で立ち上げられたブランドで、ハードコア・パンクをルーツに、サーフィン、スケートのカルチャーが融合した人気ブランドです。

ご紹介するTシャツは、フロントにアフェンズのボックスロゴが刺繍されたシンプルなデザインのTシャツです。

ボトムスを選ばずに街中でも着やすく、カジュアルシーンで重宝する事間違いなしの1枚です。

2.BANKS(バンクス)

バンクスとは、ビーチブレイクの波を生み出す海底の砂山の事で、海面からは見えなくても波を作り出す根源のような存在になりたいという想いからブランド名が名付けられました。

2014年からスタートしたカリフォルニア発のバンクスは、90年代にプロサーファーとして活躍したブラッド・ガーラック氏と、同じくプロサーファーでアーティストのクリス・デルモロ氏を中心に立ち上げられ、サーファーの心に刺さるデザインの服を数多くリリースしています。

ご紹介するバンクスのTシャツは、肌触りが良く、環境に優しいオーガニックコットン100%が使われ、絶妙な色合いのボーダー柄モデルです。

左胸のロゴ刺繍がワンポイントで、スタンダードなシルエットなので、どんなアイテムともマッチします。

3.Billabong(ビラボン)

ビラボンは1973年に設立された世界的サーフブランドの一つで、サーフィン大国であるオーストラリアのゴールドコーストで誕生しました。

多くのトップサーファーをライダーに抱えているビラボンは、あらゆるサーファーに見合う多種多様なデザインに加え、トップクラスの機能性を備えるハイクオリティなプロダクトを生み出しています。

ご紹介するTシャツはビラボンの2019年夏モデルのスクエアロゴTシャツです。

夏らしいポップなデザインがプリントされ、万人受けするボックスシルエットの万能アイテムです。

カラーバリエーションが豊富なのも魅力です。

4.Deus ex Machina(デウスエクスマキナ)

サーフィン&モーターサイクルを軸に新しいライフスタイルを提案するデウスエクスマキナは、2006年にオーストラリアで誕生したブランドです。

カスタムバイクとサーフィンのカルチャーをミックスさせた独自のスタイルにファンになる人も多く、オシャレなアイテムが揃います。

ご紹介するデウスエクスマキナのTシャツは、フロントとバックにおしゃれなグラフィックがプリントされ、エンザイムウォッシュ加工により柔らかな風合いを演出しています。

シルエットはスタンダードなので、どんなアイテムも合わせやすく、サーフィンとバイクが好きな方にとてもお勧めなTシャツです。

5.Hurley(ハーレー)

サーフボードシェイパーのボブ・ハーレーが1999年に設立したハーレー。

スタイリッシュなデザインとサーフィンに優れた機能を持つプロダクトを生み出し、世界中のサーファーから絶大な支持を集めるブランドです。

今回ご紹介するハーレーのTシャツは、速乾性に優れたナイキのDri-Fit素材が使用されており、汗をかくスポーツシーンから暑い街中でも快適な着心地が一日を通して約束される万能Tシャツです。

胸元にオリジナルワンポイントロゴ、バックにインパクトのあるハーレーらしいデザインがプリントされ、オシャレサーファーにお勧めの一枚です。

6.Quiksilver(クイックシルバー)

1973年にオーストラリアで立ち上げられた老舗ブランドでありながら、今でも多くのサーファーに愛されるクイックシルバーは、日本でも言わずと知れた世界的サーフブランドで、サーフィンに適した機能と耐久性を備えたプロダクトを生み出しています。

ちなみに、クイックシルバーのブランドロゴは、葛飾北斎の有名な作品「富士山と波(神奈川沖浪裏)」がモチーフになっています。

今回ご紹介するクイックシルバーのTシャツは、前後にオリジナルプリントが配されたレギュラーフィットのクルーネックモデル。

肌触りの良いコットン素材のシングルジャージー生地を使用し、柔らかな風合いに仕上げられています。

夏に合うシンプルなプリントがおしゃれで、タウンとビーチどちらでも映えるデザインが魅力です。

7.RVCA(ルーカ)

2000年にカリフォルニアを拠点にスタートしたデザイン主義ライフスタイルブランドRVCA(ルーカ)。

ルーカは、「THE BALANCE OF OPPOSITES(相反するバランス)」という”自然と人工”、”現在と過去”などの相反するものが共存する様を表した世界観を持っており、音楽、アート、サーフィン、スケート、ファッションなどのカルチャーを融合させながら独自のスタイルを築いている人気ブランドです。

今回ご紹介するルーカのTシャツは、USAコットンジャージ生地が使われており、フロントとバックに薔薇のスクリーンプリントが入ったシンプルなデザインで、様々なアイテムと合わせやすい特徴があります。

デザイン主義のルーカらしいデザインで、胸元のポケットがサングラスをかけるのに便利です。

8.TCSS(ティーシーエスエス)

TCSSは、The Critical Slide Society(ザクリティカルスライドソサイエティ)の略称で、2009年にオーストラリアで誕生した人気ブランドです。

ブランドのコンセプトは、生活の中にある海などの自然をアーティスティックに表現するというもので、実用性をしっかり兼ね備え、50~60年代からインスパイアされた美しいレトロなデザインが特徴のサーファーに愛される製品を生み出しています。

今回ご紹介するTCSSのTシャツは、クラシカルなロゴが映えるシンプルなデザインのコットン100%Tシャツです。

大人カジュアルなTシャツで、ビーチから街中まで、様々なシーンにマッチする一枚です。

9.Vissla(ヴィスラ)

ヴィスラは、南アメリカ出身の元プロサーファー「ポール・ノーデ」が”Surf Everything"を核に2014年に設立したサーフアパレルブランドです。

サーフィン関わる人をサポートし、クリエイティブな発想を持つヴィスラは、今までに無かった独自のデザインと革新的なプロダクトを作っています。

ご紹介するヴィスラのTシャツは、おしゃれで落ち着いたボーダー柄のデザインに、胸ポケットとブランドロゴがアクセントになったグレーブスⅡです。

デイリーコーデに選びやすく、コーデをワンランクアップさせてくれます。

10.Volcom(ボルコム)

1991年にカリフォルニアで生まれた3Sカルチャー(スノーボード、サーフィン、スケートボード)を中心としたライディングブランドのボルコム。

独自の世界観を持ちながら、3Sカルチャーを支える世界的ブランドです。

ご紹介するボルコムのTシャツはゆったりしたシルエットの2019年モデルです。

着心地の良さが実現したリングスパンコットンを使用し、ベーシックなボルコムのロゴが前と後ろにプリントされた飽きのこないデザインが魅力の一着です。

まとめ

以上、人気サーフブランドの厳選おすすめTシャツ10選でした。

気に入ったTシャツはありましたか?

ぜひ最高のTシャツを見つけ、サーフファッションを楽しみながら夏を満喫して下さい。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

公式LINEに登録して最新情報をGETしてね♫

友だち追加

スポンサーリンク

おすすめの記事