台風5号ダナスのうねりはどこに届く?SURFLABOサーフィン考察

7月16日午後3時、フィリピンの東沖で発生した台風5号「ダナス」。

今回は台風5号のうねりがどこに、いつ頃届くのか全国的に考察していきます。

週末に波を当てたいサーファー必見です。

記事の内容台風5号のうねりに関する考察

SURFLABOサーフィン考察「台風5号」

画像出典:気象庁ホームページ

台風5号の「ダナス」は、フィリピンが用意した名前で”経験すること”という意味があります。

18日現在、大型の台風5号は沖縄県石垣島付近にあり、時速25kmで北上しています。

その後、19日(金)から20日(土)にかけて東シナ海を北上していき、22日(月)には衰退しながら日本海へと進み、23日(火)に熱帯低気圧に変わる見込みです。

台風5号の中心気圧は990hPa、中心付近の最大風速は20m/sと、勢力こそ強くありませんが、すでに台湾には台風うねりが到達している事から、西日本を中心に大きなうねりが届く予想ができます。

沖縄本島では南面から西にかけてクローズコンディションとなっているので、台風が去るまでしばらく待つ必要がありそうです。

波乗り太郎
波乗り太郎
ねぇLABO君!今回の台風で波は良くなる!?

全国的に考察してみたよ〜
LABO君
LABO君

九州

台風の暴風域に入る地域がありそうな九州では、土曜はクローズコンディションの場所が多く目立ちそうです。

日曜は台風が過ぎ去り、若干落ち着きながらもまだハードな所が多そうです。

台風の影響で梅雨前線が北上し、南寄りの風が強いので、風のかわす場所をこまめにチェックしましょう。

また大雨になる予報の地域もあるので、災害に巻き込まれないよう注意して下さい。

日本海

台風5号は東シナ海を北上し、21日(日)にかけて日本海に達する見込みです。

週末は西ベースのうねりに反応するポイントをこまめにチェックし、波のサイズが上がるのを待ちましょう。

また、一部の地域で大雨が降る予報なので、災害には十分気を付けて下さい。

四国

19日(金)は波のサイズが上がりますが、次第に南寄りの風が強く吹くので、風の弱い時間帯がお勧めです。

週末は台風の大きなうねりで更にサイズアップし、海は大荒れとなる見込みです。

波が落ち着く月曜日が最も狙い目でしょう。南西風をかわせるポイントをチェックしてみて下さい。

中部

台風による南西うねりが19日(金)~20日(土)にかけて届き、波が大きくサイズアップしますが、南寄りの風で波質を落としそうです。

特に土曜は風が強く、クローズコンディションの場所もありそうなので、波が少し落ち着く日曜の風が弱い時間帯が狙い目です。

中部地方は日曜以降も風波で波が続きそうです。

関東

台風による南西うねりは関東にも届く可能性があります。

湘南や千葉は高気圧の吹き出しと台風うねりで土曜日にかけて波のサイズが上がりますが、同じく梅雨前線が北上する影響で南寄りの風が強くなり、波質はあまり期待できないでしょう。

日曜も引き続き波はありそうなので、南西風をかわすポイントをチェックしてみて下さい。

また、東海上に発生する低気圧の影響で千葉から上の地域は来週も波が続きそうです。

出典:Windy.com

まとめ

以上、台風5号「ダナス」のサーフィン考察でした。

台風5号は勢力こそ弱いものの、全国的にうねりを届けてくれそうです。

しかし台風の影響で梅雨前線が北上し、南寄りの風が吹き続けるのがネックなので、出来るだけ風をかわすポイントや、風の弱い時間帯を狙ってチェックしてみて下さい。

台風の動きは変わりやすく、突然予想が変わる事もあるので、最新情報の確認も大切です。

また、少しでも危険だと思ったら海に入らないようにしましょう。

一部の地域では大雨や強風、高波が予想されるので、災害には十分注意して下さい。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

公式LINEに登録して最新情報をGETしてね♫

友だち追加

スポンサーリンク

おすすめの記事