サーファーは納豆アレルギーに注意がいる?その理由と対処法

サーファーが気を付けておきたい物の1つが納豆です。

納豆の何が怖いのか?と思われるかもしれませんが、実は納豆アレルギーという物があります。

しかも、それはサーフィンを始めとするマリンスポーツ愛好家に多いとの事です。

なぜ、マリンスポーツ愛好家に納豆アレルギーが多いのか?

その原因とアレルギーにならない様にする為の対策についてお伝えしていきます。

サーファーに納豆アレルギーが多い原因

日本が世界に誇る健康食品でもある納豆。

生まれつき卵や小麦粉がアレルギーという方は多いですが、納豆がアレルギーというのはあまり聞いた事はないのではないでしょうか。

しかし、納豆アレルギーを起こす人はいて、しかもマリンスポーツの愛好家が多いのです。

横浜市立大学付属病院の医師によると納豆アレルギーの80%以上もの人が普段海にいる事が多い人たちだったとの事です。

何が原因なのかと言うと納豆のネバネバの主な成分であるポリガンマグルタミン酸が原因です。

実はこのポリガンマグルタミン酸という成分は海にいるある生物も持っているんです。

クラゲです。

クラゲの触手にもポリガンマグルタミン酸が含まれているのでそれが原因と言われています。

マリンスポーツ愛好家は海に頻繁に出ていますから一般の人たちよりもクラゲに刺されている可能性は高く、実際、刺されたことがあるという方も少なくないでしょう。

その際にアナフィラキシーショックというショック症状が起きる準備ができてしまっているのです。

簡単に言うとクラゲに刺されて納豆アレルギーになってしまった人がサーファーやマリンスポーツ愛好家には多いという事です。

ハチ毒が怖いのも同じ理屈!アナフィラキシーショックとは

アナフィラキシーショックとは毒や薬品、食物等を身体が取り込んだ際にアレルギー反応を起こしてしまう事です。

先天性の物はともかくとして後天性の物は1回身体に取り込むことによって抗体ができてしまいます。

言い換えると1回刺されるとアレルギーを起こす準備完了になるという事です。

そして2回目以降刺された時に反応を起こしてしまい、様々な症状が起きる訳です。

最も有名なのがハチの毒です。

ハチに刺される事でハチ毒に対する抗体ができて、2回目以降刺された時にアナフィラキシーショックを引き起こし、最悪の場合、死に至るというのがハチ毒のカラクリです。

アレルギーが出た時の主な症状

主な症状としては以下の通りです。

  • 体のあちこちに蕁麻疹が出る
  • 呼吸困難
  • めまい
  • 吐き気や嘔吐
  • 下痢
  • 腹痛

上記が症状として多いです。

短時間で一気に発症する事が多いので危険な症状になる事もあって重い場合は一気に意識レベルや血圧も急低下するので怖いです。

アレルギーと言うと花粉症みたいなのもアレルギーですが、花粉症であれば命の危険まではありませんが、アナフィラキシーショックは命の危険にかかわる物なので決して侮らないでください。

半日経ってから症状が出る事もある

アレルギー反応と一口に言っても食べた瞬間にいきなりアナフィラキシーショックが出る訳じゃありません。

食べてから半日くらい経ってから発症する事もあります。

半日経ってから発症すると何が原因なのかが分かりにくくて特定するのが難しい事もあります。

なので、食べた時に出ないからと言って安心しない方が良いです。

万が一、一人になった時に倒れてしまったら救急車も呼べないなんて可能性もありますからね。

スポンサーリンク

納豆アレルギーの対処方法について

納豆アレルギーの原因がクラゲの触手であるのであれば対処すべきはクラゲです。

早い話がクラゲに刺されなければ良いと言う訳なのでその対処法について解説します。

ウエットスーツ、ラッシュガードを着る

サーフィンの必須アイテムでもあるウエットスーツ。

これを着る事で肌の露出を避けられるので必然的にクラゲに刺される可能性が低くなります。

もちろん、露出している部分が0では無いですが、何も着ないで水着だけというよりかはグッとクラゲに刺されにくくなるでしょう。

ウエットスーツを夏に着るのが暑くて辛いという方はできるだけ薄いラッシュガードを着るのが良いでしょう。

クラゲ予防用の日焼け止めを使う

今のご時世はクラゲの予防の日焼け止めなんて言うのもあって、SAFE SEAという商品があります。

この「SAFE SEA」という商品はクマノミの表皮の成分が含まれていて、これが仲間だと思わせる事で自分は刺されないという効果があります。

ウォータープルーフ商品なので日焼け止めが落ちる心配はありませんが、浸透させるために塗ってから10分経ってから海に入るようにしてください。

他にもポリガンマグルタミン酸が含まれる注意すべきもの

ポリガンマグルタミン酸は食品添加物としてよく使われる物なので納豆以外にも実は摂取してしまうタイミングがあります。

また、日用品でも使われている事もあるので、気になる人はスーパーで買い物をする際に食品成分表などを見てポリガンマグルタミン酸が入っていない事を確認するのが良いでしょう。

石鹸やヘアケア用品などにも含まれている事があり、知らずにうっかりと使う事もあるので気を付けて下さい。

サーファーに納豆アレルギーが多い理由まとめ

サーフィン愛好家に納豆アレルギーが多い理由とその症状についてご紹介しました。

極論、クラゲに刺されなければ先天性の納豆アレルギー出ない限りはアナフィラキシーショックも起こらないという事でもあるので、クラゲ対策をしっかりと行っておけば大丈夫です。

万が一刺されてしまったら納豆アレルギーが出る可能性があるという事だけは覚えておいて下さい。

覚えておくことでアレルギーが起きても対処しやすくなるのは間違いありません。

☆★サーフラボをLINE友だち登録で★☆

☆★サーフィン情報を毎日GET★☆

友だち追加

スポンサーリンク

おすすめの記事