ジャックジョンソン

(アイキャッチ画像:cellcode


サーフ・ミュージックのパイオニアとして、ジャック・ジョンソンの曲を聴いた事のある方は多いのではないでしょうか?

元プロサーファーでもあるジャックは、メローな波に乗っているかのような、優しいサウンドをアコースティック・ギターで奏で、リラックスさせてくれる歌声は、とても癒されますよね。

今回は、ジャックの半生を振り返り、世界的シンガーソングライターになっていくまでの過程や、有名曲をご紹介します。

記事の内容ジャック・ジョンソンの

  • 生い立ち
  • キャリア
  • 有名曲

サーファー&歌手のジャック・ジョンソンてどんな人?

車内でジャック・ジョンソンの曲を流しながら、海へ向かうサーファーは多いと思いますが、どんな人物なのか、ご存知ですか?

ハワイ出身のジャック・ジョンソンは、アコースティックギターを中心に、リラックスしたサウンドが特徴的なサーフ・ミュージックを作る現在43歳のシンガーソングライターです。

ジャック・ジョンソンがサーファーであるという事をご存知の方は多いと思いますが、全盛期の頃には、ケリー・スレーターやロブ・マチャドと対等に渡り合うほどの腕前を持ち、期待されていたプロサーファーでした。

ジャックジョンソン

画像出典:surfer

波乗り太郎
波乗り太郎
ジャック・ジョンソンってプロサーファーだったの!?
過去には、あのパイプマスターズにも出場していたんだよ
LABO君
LABO君
波乗り太郎
波乗り太郎
そうなんだ〜!もっとジャック・ジョンソンを知りたいな!
それじゃあ、ジャック・ジョンソンの生い立ちについて、触れていくよ!
LABO君
LABO君

ジャック・ジョンソンの生い立ち

1975年5月18日、ハワイのオアフ島で誕生したジャック・ジョンソンは、1、2歳の頃から父親にサーフィンを教えられていました。

幼少期はほとんどの時間をサーフィンに費やし、高校生の頃にはクイック・シルバーとプロ契約を結びます。

1992年にパイプマスターズのトライアルに出場すると、見事ファイナル進出を果たす戦歴を持っています。

同世代には11×ワールドチャンピオンのケリー・スレーターや、ロブ・マチャドらがおり、ジャック・ジョンソンも将来を期待されていた注目サーファーでした。

しかし、17歳の時にサーフィン中の事故で、海底のリーフ(サンゴ礁)に後頭部を強く打ち付け、100針以上を縫う大ケガを負うことに。

数ヶ月間海に入る事が出来なくなったジャックは、以前から趣味であったギターの練習に夢中になっていきます。

高校を卒業すると、カリフォルニア大学サンタバーバラ校に進学し、映像を専攻します。

以前から友達のサーフィンを撮る事も趣味だったジャックは、本格的に映像を作り始め、1998年に当時のサーフィン仲間と最初のサーフィン映像作品「THICKER THAN WATER」を制作。

THICKER THAN WATERには、ケリー・スレーター、ロブ・マチャドの姿も捉えられているドキュメンタリー作品に仕上がっており、サーファー同士の友情や波の美しさを映し、多くの人を魅了しました。

翌年、THICKER THAN WATERはアメリカのサーフィンマガジンの年間ベスト・ビデオ賞を獲得し、作中にジャックが自ら挿入した音楽にも注目が集まります。

音楽の道へ進み始めるジャック・ジョンソン

1990年代後半、当時のサーフィン映像に使われていた音楽の定番ジャンルはハード・ロックでしたが、ジャックが手がけた映像作品THICKER THAN WATERに挿入された音楽はメローなアコースティック・サウンドでした。

中にはジャック自身がアコースティック・ギターで演奏した音楽も挿入され、優しいシンプルなメロディーがTHICKER THAN WATERを見る人の心を掴み、ジャックが持つ音楽の才能に真っ先に気付いた有名アーティストG・ラブの目にとまり、Gラブのアルバム「フェラデルフォニック」にジャックの1stシングルでもある「ロデオ・クラウンズ」を収録します。

さらに、アメリカの有名ミュージシャンであるベン・ハーパーとサンタバーバラの競技場(Santa Barbara Bowl)で出会い、ベンのプロデューサーでサーファーのJ.Pプルニエにジャックの12個のデモテープを聞かせると、J.Pプルニエが気に入り、新たに設立したインディ・レーベル=エンジョイ・レコーズのアーティストとして契約を結ぶのでした。

こうして、ジャックはデビューアルバム(ブラッシュファイアー・フェアリーテ イルズ)や2作目のサーフィン映像作品(セプテンバー・セッションズ)をリリースし、サーファーを中心に絶大な人気を誇る世界的シンガーソングライターになっていきました。

世界中で人気歌手となっていったジャックは、日本でもヒットし、サーフィン雑誌やファッション雑誌がジャックを大きく取り上げ、さらにはフジ・ロック・フェスティバルのステージで大絶賛を浴びる頃には、サーフ・ミュージックのパイオニアとして、その地位を揺るがぬものにしました。

ジャックジョンソン

画像出典:Xpose

波乗り太郎
波乗り太郎
プロサーファーとしてのキャリアは短かったジャックだけど、音楽や映像の才能が開花していったんだね!
次に、ジャックの有名曲を和訳付きで紹介するよ!
LABO君
LABO君

ジャック・ジョンソンの有名曲

数多くのヒット曲を生み出しているジャック・ジョンソンの楽曲の中でも、特に有名な曲をご紹介します。

メローなサウンドが特徴的なジャックの曲は、チルしたい時にオススメです。

Banana Pancakes / Jack Johnson

Can't you see that it's just raining?
There ain’t no need to go outside

外は雨が降っているだろう?
だから出かけなくて良いよね

But baby you hardly even notice
When I try to show you this
Song it's meant to keep you
From doing what you're supposed to
Waking up too early
Maybe we could sleep in
I'll make you banana pancakes
Pretend like it's the weekend now

でも君は気付かないよね
僕がこの曲を披露して、
君がやらなくちゃいけないことから
目を逸らさせてあげようとしても
早起きしなきゃと思っているみたいだけど、
もう少し一緒に眠ろうよ
後でバナナパンケーキを作ってあげる
週末みたいに過ごそう

And we could pretend it all the time
Can't you see that it's just raining
There ain't no need to go outside

僕たちはいつだってこんな風に過ごせるよ
雨が降っているのが見えるだろう?
外に出かけなくたって良いんだよ

But just maybe
Hala ka ukulele
Mama made a baby
I really don’t mind the practice
'Cause you're my little lady
Lady, lady love me
'Cause I love to lay here lazy
We could close the curtains
Pretend like there's no world outside

でも多分きっと
僕はウクレレを持ってる
母親は赤ちゃんを身ごもった
練習しなくてもいいや
だって君は僕のお嬢様だから
ねぇ、僕を愛して
僕はここにだらっと横たわるのが好き
カーテンを閉めようか
家の外には世界が無いかのように過ごそう

And we could pretend it all the time
And can't you see that it's just raining
There ain’t no need to go outside

僕たちはいつだってこんな風に過ごせるよ
雨が降っているのが見えるだろう?
外に出かけなくたって良いんだよ

Ain’t no need, ain’t no need
Mm mmm mm mmm
Can't you see, can't you see
Rain all day and I don't mind

外は必要ない、必要ない
見えるだろう、見えるだろう
一日中雨が降っても僕は気にしない

But the telephone singing, ringing, it's too early
Don't pick it up
We don't need to
We got everything we need right here
And everything we need is enough

だけど電話が歌っている、鳴っている、早すぎるよ
電話を取らないで
取る必要ないよ
僕たちに必要なものは全てここにあるから
そして僕たちにはこれで十分

Just so easy when
The whole world fits inside of your arms
Do we really need to pay attention to the alarm
Wake up slow
Mh mmm
Wake up slow

とても落ち着くんだ
全ての世界が君の腕の中にあるときは
アラームの音を気にする必要ある?
ゆっくり起きようよ

But baby
You hardly even notice
When I try to show you this
Song it's meant to keep you
From doing what you're supposed to
Waking up too early
Maybe we could sleep in
I'll make you banana pancakes
Pretend like it's the weekend now

だけどさ、
君は気付かないよね
僕がこの曲を披露して、
君がやらなくちゃいけないことから
目を逸らさせてあげようとしても
早起きしなきゃと思っているみたいだけど、
もう少し一緒に眠ろうよ
後でバナナパンケーキを作ってあげる
週末みたいに過ごそう

And we could pretend it all the time
Can't you see that it's just raining
There ain't no need to go outside

僕たちはいつだってこんな風に過ごせるよ
雨が降っているのが見えるだろう?
外に出かけなくたって良いんだよ

Ain't no need, ain't no need
Rain all day and I really really really don't mind
Can't you see, can't you see
We've got to wake up slow

外は必要ない、必要ない
一日中雨が降っても僕は気にしない
見えるだろう、見えるだろう
ゆっくり起きなくちゃ

 

Better Together / Jack Johnson

 

There is no combination of words I could put on the back of a postcard
ポストカードに綴る、うまい言葉の組み合わせが思いつかない
No song that I could sing, but I can try for your heart
歌える曲もない、だけど君の心に届くようにやってみるよ
Our dreams, and they are made out of real things
僕らの夢、それは現実から出来てる
Like a, shoe-box of photographs
例えて言えば、靴箱に閉まっておいた写真の数々が
With sepia-toned loving
素敵なセピア色に変わっていくような感じさ

Love is the answer
愛だけが答え
At least for most of the questions in my heart
少なくとも、僕の心に浮かぶ疑問のほとんどへの答えなんだ
Like why are we here? And where do we go?
例えば、何故僕らは存在してるんだ?とか僕らは何処へ向かっているんだ?
And how come it's so hard?
どうしてこんなに大変なんだろうか?とかね
It's not always easy and
いつだって簡単じゃない
Sometimes life can be deceiving
時には人生に裏切られることもある
I'll tell you one thing
でも1つ言えることがあるよ
It's always better when we're together
僕らはいつだって一緒にいるほうが良いってことさ

Mmm, it's always better when we're together
いつでも一緒にいるほうがいい
Yeah, we'll look at the stars when we're together
2人で一緒に星を見上げよう
Well, it's always better when we're together
そうさ、いつでも一緒にいるほうがいい
Yeah, it's always better when we're together
2人で一緒にいるほうがいいさ
Mmm, it's always better when we're together
僕らはいつだって一緒にいるほうが良いってことさ

And all of these moments
瞬間の1つ1つが
Just might find their way into my dreams tonight
今夜、夢へとつながる道を見つけるかもしれない
But I know that they'll be gone
でもそれらはやがて消えてしまうってことも分かってる
When the morning light sings
朝の光が歌いだす頃までにはね
And brings new things
そして新しい何かを運んでくる
For tomorrow night you see
そして、明日の夜にはまたそれも
That they'll be gone too
消えてなくなってしまうんだ

Too many things I have to do
僕にはやるべきことがありすぎる
But if all of these dreams might find their way
でもその夢のおかげで前に進むことができるかもしれない
Into my day to day scene
忙しい日常の中でも
I'd be under the impression
思い込みなのかもしれない
I was somewhere in between
僕は現実と夢の間にいたんだ
With only two
僕たち2人だけ
Just me and you
僕と君だけ
Not so many things we got to do
本当にやらなくちゃいけないことはそれほど多くない
Or places we got to be
僕たちがいるべき場所
We'll sit beneath the mango tree now
今はただマンゴーの木の下で座っていればいい

Mmm, it's always better when we're together
いつでも一緒にいるほうがいい
Yeah, we'll look at the stars when we're together
2人で一緒に星を見上げよう
Well, it's always better when we're together
そうさ、いつでも一緒にいるほうがいい
Yeah, it's always better when we're together
2人で一緒にいるほうがいいさ

I believe in memories
僕は思い出を信じてる
They look so, so pretty when I sleep
眠るときに頭に浮かぶ思い出はとても素敵なんだ
Hey now, and when I wake up
今起きてみたら
You look so pretty sleeping next to me
君がそばで眠ってる、とてもカワイイ君
But there is not enough time
でもあまり時間がないんだ
And there is no, no song I could sing
歌える曲もない
And there is no combination of words I could say
伝えるにふさわしい言葉の組み合わせも思いつかない
But I will still tell you one thing
でも、1つだけ伝えられることは
We're better together
僕らは一緒にいたほうが良いってことさ

まとめ

ジャックジョンソン

画像出典:littlewanderbook

現在もサーファーを中心に、世界中で絶大な人気を誇るジャック・ジョンソン。

元々、プロサーファーとして活躍していたジャックですが、ケガを契機に、音楽や映像でマルチな才能を発揮させていきました。

メローで優しい雰囲気に包まれたジャックの曲を、海に向かう途中や、サンセットタイムなど、リラックスしたい時に聴いて、ジャックの歌声に癒されてはいかがでしょうか?

 

公式LINEに登録して最新情報をGETしてね♫

友だち追加

おすすめの記事