【冬】サーフィンでの車中泊に必須のアイテム12選|寒い季節でも快適に楽しもう!

サーファーの中には、車中泊をして毎週海に通う人も珍しくありません。

車中泊は宿泊費の節約にもつながる反面、冬場はとにかく寒さとの戦い!

一晩中エンジンを付けて暖房を効かせるのも騒音が気になるし、燃料の減りも早くなるので避けたいところです。

そこで今回は、冬場のサーフィンで車中泊をする際におすすめの、あったか防寒グッズをご紹介します。

冬場の車中泊では「どれだけ体を温められるか」「体温を保つことができるか」が需要なので、しっかりとアイテム選びを行いましょう。

また、この記事では実際に筆者が冬の車中泊で持参しているアイテムや注意点についてご紹介しています。

車中泊サーファーはぜひチェックしてみてくださいね!

【冬編】サーフィンでの車中泊に必須のアイテム12選

寒さが本格的になる冬場の車中泊は、なんといっても「体を温めるアイテム」「体温を保温してくれるアイテム」が欠かせません。

特に以下でご紹介するアイテムがあると、冬の車中泊はぐっと快適になりますよ!

  • 防寒具
  • 寝袋または毛布
  • ポータブル電源
  • 電気毛布
  • 充電式湯たんぽ
  • インフレーターマット
  • サンシェード・銀マット
  • 電気ケトル
  • カセットコンロと鍋
  • ミニテーブル
  • LEDランタン
  • カトラリーセット
LABO君
LABO君
各項目を詳しくご紹介していくね

防寒具

ヒートテックやズボン下に履くインナー、毛布のようなコート、手袋、帽子など…。

車の中に防寒具を用意しておけば、体温を保温したり、ドアの隙間から入ってくる冷気をシャットアウトしてくれたりと役立ちます。

寝袋または毛布

寝る際に必要な寝具ですが、冬場はできるだけ毛布(厚めのもの最低3枚)を車の中に積んでおきましょう。

また、最近では高性能の寝袋も発売されていて、薄い生地なのに氷点下まで対応しているものもあります。

寝袋によっても保温性は異なりますが、1万円以下で購入できるものもたくさんありますよ!

ポータブル電源

ポータブル電源は、スマホの充電以外にも「電気毛布の利用」「電気ケトルの利用」「充電式湯たんぽの利用」など、幅広い用途で活躍できる便利アイテム!

一つ持っていると災害時にも役立ちますが、価格は平均5万円と高額です。

こちらのポータブル電源は、400Whの大容量が魅力的な商品です。

車中泊やキャンプ、アウトドアで家庭用電源が使えるので、とっても便利!

最大電力200Wの機器が給電でき、同時に多数の設備や端末に対応することが可能になります。

一般的な電気毛布の使用量は約80W前後ですので、さらにスマホの充電や電気ヒーターの使用も合わせて行うことができます。

何かと電力が必要な冬場の車中泊ですので、電源の容量は余裕を持っておきたいですね。

電気毛布

掛け式タイプの電気毛布なら、ヒーターがなくても一晩中暖かく過ごすことができます。

シングルタイプの電気毛布なら2000円程度で購入することができ、全身ポカポカに温まりますよ。

車中泊の際、ポータブル電源を使えば、車のエンジンをかけることなく7時間前後は使用できるので真冬でも熟睡できますね。

充電式湯たんぽ

充電式湯たんぽは事前に充電をしておくことで、電源がなくても使用することができます。

フルに充電をすれば7〜8時間温かさが持続するものもあり、夜中も寒さで目が覚めてしまうことなく、ぐっすりと眠ることが可能!

1500円程度から購入することができるので、手軽に試してみやすいですよね。

インフレーターマット

車の中に十分な寝るスペースがあれば、インフレーターマットを使うと寝心地が良くなります。

栓を開けると空気が入り、膨らむ事でクッション性の高いマットになります。

寝袋の下に敷く事で、車の硬いシートやゴツゴツした凸凹を緩和してくれますよ!

インフレーターマットがあれば腰痛などに悩まされることなく、快眠することが可能になります。

愛車の寝るスペースに合わせたサイズを調べてひとつ持っておけば、車中泊だけでなくキャンプの時にも役立つでしょう。

サンシェード・銀マット

サンシェード
引用:Yahoo!ショッピング

車窓にサンシェードか銀マットをつけると、車内が外気で冷えるのを防ぐことができます。

プライバシーを守ることもできるので、できれば用意しておきたいアイテムです。

銀マットは100均のものでも以下の手順で車窓に合わせた自作版を作ることができますよ!

  • 窓の数だけ銀マットを用意(※窓のサイズが大きい時はそれに合わせた銀マットが必要です。)
  • 付けたい窓に新聞紙を合わせて、ペンで型を取る
  • ポータブル電源
  • ペンで型取られた線をハサミで切る
  • 新聞紙の型と銀マットを合わせて、銀マットをハサミで綺麗に切りそろえる
  • 銀マットの切ったところをビニールテープで補強
  • 窓に付ける為に銀側に吸盤を取付けて完成!
LABO君
LABO君
ここまでは寝具を重点的に紹介したよ!次項からは食事やあると便利なアイテムを紹介していくね

電気ケトル

車中泊では「カップラーメンを食べる」「朝コーヒーを飲む」「サーフィン後のシャワーに使う」など、何かとお湯を沸かすシーンに出くわします。

お湯を沸かす際に必須なのは電気ケトルですが、こちらも1500円程度から購入することができます。

また、サーフィンの後に浴びるお湯をポリタンクに入れて使う事も出来ます。

その際は、温かさを保てるように保温カバーがついているものを選んでくださいね。

カセットコンロと鍋

車中泊の際にカセットコンロと鍋があると、さまざまな料理を作ることができるのでおすすめです。

カセットコンロは3000円程度の家庭用コンロもありますが、荷物をできるだけ減らしたいという人にはアウトドア用の折りたたみ式コンロがおすすめ!

折りたたみ用のものは家庭用のコンロよりもコンパクトでリーズナブルなので、予算に限りがある人にも最適です。

LABO君
LABO君
車中泊でカセットコンロを使用する際は、火の始末に気をつけましょう!

ミニテーブル

車中泊する時のお楽しみは夜の宴。たとえ軽食だったとしても食事はやっぱりテーブルがいい。

そこで活躍するのがミニテーブルです。

折りたたみ式のミニテーブルであれば持ち運びも便利ですし、食事の時だけでなくスペースがない時に物置としても使用できますよ!

海上がりに「外で食事したい」という時でも活躍してくれるので、持っておくと使い道は多岐にわたります。

LEDランタン

日が沈むと優しい明かりが恋しくなりますよね。

車中泊では、あまり明るすぎず、危険性の低いLEDランタンがおすすめです。

LABO君
LABO君
ガスランタンや灯油式のランタンは火災に繋がる危険性もあるので控えましょう。

就寝前の読書や夜の晩餐を優しい明かりで過ごしたい方は、キャンドルモードが付いているLEDランタンを持っておくと車中泊が快適になります。

カトラリーセット

サーファーなら自然に優しくエコにも気を使いたいですよね。

そんなエコサーファーの貴方ならスーパーやコンビニで食材を買う時にゴミになる物はなるべく減らしたいはずです。

お箸やスプーン、フォークやナイフがセットになっているカトラリーセットを常備しておけば、洗って何度でも使えます。

使ってるうちに味も出てきて、筆者はマイセットじゃないと食事が落ち着かなくるくらいです!

ぜひお手元にひとつ。ともに海や環境を守る「エコサーファー」を目指しましょう!

LABO君
LABO君
車中泊グッズはいかにコンパクトに常備出来るか?これが鍵!車種や用途に合わせて揃えてみてね。
LABO君
LABO君
その他、持っていると便利なアイテムを紹介していくね

その他サーフィンで車中泊をするときにもっていくべきアイテム

サーフィンで車中泊をする際には、以下のアイテムを持っていくとより快適に過ごすことができます。

①懐中電灯orライト

車中泊を行う場所に街灯や灯りが少ない場合、懐中電灯やライトがあれば必要な時にすぐ灯りを灯すことができて便利です。

ヘッドライトやペンライトなど、小型のライトなら持ち運びも便利ですよ!

②車内キャリア

車中泊中、サーフボードを外に出しておくわけにいきません。普

段車内でサーフボードを積載しているサーファーであれば、車内キャリアを付けることでスペースを確保出来ますし、車内をスッキリと整理整頓することができます。

③トイレットペーパー

車中泊では公園のトイレや携帯トイレを使用することもあるため、トイレットペーパーを常備しておくと安心です。

④ゴミ箱

料理などでゴミが出やすい車中泊では、車内をキレイに保つためにもゴミ箱を用意しておきましょう。

スペースなどの問題でゴミ箱が難しい方は自宅で処理が出来るゴミ袋を持っていきましょう。

⑤日用品

歯ブラシやコンタクトレンズなどの日用品に加え、お風呂に入る際に必要なタオルや着替えなどは必ず用意しましょう。

トラベルセットを常備しておくと安心です。

⑥スマホの充電器

波情報をチェックしたり仲間と連絡を取り合ったりするスマホは、車中泊の必須中の必須アイテム!

スマホを車内で充電するためには、車専用のシガーソケットが必要です。

予備でリチュームバッテリーを持って置いてもいいですね。

ここでご紹介したアイテム以外にも、野外で食事をする際にあると便利なキャンプチェアやテーブル、濡れたタオルや水着を干すハンガーなどがあると、更に車中泊が快適になりますよ!

サーフィンの車中泊ができる場所はどこ?

宿泊費もかからずリラックスして過ごせる車中泊ですが、問題になってくるのが「車を停める場所」です。

サーフィンで車中泊をする場合、できるなら「ポイントの近くがいい」「トイレがある場所がいい」と感じるサーファーが多いですよね。

民家の近くやお店の駐車場なんて以ての外ですが、どんな場所であれば車中泊をしても良いのでしょうか?

そこで、サーフィンの車中泊に向いている場所をピックアップしてみました!

  • サーフポイント
  • 道の駅
  • トラックステーション源
  • 公園

車中泊をするなら、上記に挙げたような「広くて」「迷惑になりにくい」場所がおすすめです。

コンビニに停まっているサーファーの車を見かけることがありますが、コンビニによっては駐車場が少なかったり民家と隣接していることもあります。

トイレもあって食べ物も購入しやすいコンビニで車中泊をしたくなる気持ちもわかりますが、お客さんの出入りが激しいコンビニでの車中泊は迷惑になる可能性が高いので控えておいた方が無難です。

また、サーフポイント前に広い駐車場があれば車中泊もしやすいですが、駐車場が少なかったり近くに民家があるポイントでの車中泊は、基本的におすすめしません。

駐車場が少なく入り込んだ場所にあるポイントはローカルが大切にしているポイントであることが多く、ビジターが車中泊をしてしまうとイメージ的にも好ましくないからです。

引用:車中泊まとめWiki

他にも「車中泊を禁止している道の駅や公園」なども存在しているため、一概に車中泊ができる場所を決めることはできませんが…

1番大切なのは「周囲に迷惑をかけないこと」!

サーフポイントや道の駅、公園などで車中泊をする際には必ず車中泊できるのか確認を取り、大人数での利用を避けて静かに過ごすようにしましょう。

「外で派手なBBQをする」「大人数で宴会などを行う」といった過ごし方をしてしまうと、ローカルサーファーだけではなく、地域住民にも迷惑となってしまうので注意してください。

サーフィンの車中泊で注意したいポイント4つ

せっかくサーフィンを楽しむはずだったのに、車中泊のマナーがよくないことでローカルサーファーとトラブルに発展したり、最悪の場合は警察に通報されたりする可能性も否定できません。

以下に、サーフィンで車中泊をする際に注意したい4つのポイントについてご紹介します。

  • 車中泊が可能な場所なのか確認しよう
  • 周囲の迷惑にならないよう注意!|エンジンは基本切っておこう
  • 周辺に買い物できるスポットはある?
  • ごみは必ず持ち帰ろう!

①車中泊が可能な場所なのか確認しよう

どこで車中泊をするにしろ、その場所で泊まってもいいものかを事前に確認しておくことが大切です。

車中泊可能かどうか判断できない場合は、先輩サーファーやローカルサーファーに聞いてみるといいでしょう。

②周囲の迷惑にならないよう注意!|エンジンは基本切っておこう

エンジンを付けっぱなしにしていると、周りの人に迷惑になってしまうこともあります。

夏場や冬場の車中泊は、エンジンを付けなくても快適に過ごせるアイテムを利用してみるのもおすすめです。

③周辺に買い物できるスポットや銭湯はある?

周辺にスーパーやコンビニがあると食べ物や飲み物を調達しやすいですし、銭湯があればサーフィンで疲れた体を癒すことができるのでおすすめです。

また、買い物ができるスポットの多くにはトイレが併設されているものなので、急にトイレに行きたくなった時でも安心ですよね。

④ごみは必ず持ち帰ろう!

車中泊で出たゴミを持ち帰るのは、サーファーというより「人として」最低限守りたい大切なマナー。

ゴミトラブルでローカルサーファーとビジターで度々トラブルに発展することもあるため、ゴミは必ず持ち帰りましょう!

まとめ

まるで自分の部屋にいるかのような感覚でリラックスして過ごせる車中泊ですが、特に冬場は凍てつく寒さからどのように身を守るかが重要でした。

冬のサーフィンで車中泊をする際には、体温を保温してくれたり体を温めてくれたりする以下のアイテムが必須ですので、しっかりと準備をしていきましょう。

  • 防寒具
  • 寝袋または毛布
  • ポータブル電源
  • 電気毛布
  • 充電式湯たんぽ
  • インフレーターマット
  • サンシェード・銀マット
  • 電気ケトル
  • カセットコンロと鍋
  • ミニテーブル
  • LEDランタン
  • カトラリーセット

また、ローカルサーファーや地域住民とのトラブルを避けるためにも、以下の「車中泊におけるマナー」をしっかりと守り、気持ちのいいサーフィン車中泊を行なってくださいね!

  • 車中泊が可能な場所なのか確認しよう
  • 周囲の迷惑にならないよう注意!|エンジンは基本切っておこう
  • 周辺に買い物できるスポットはある?
  • ごみは必ず持ち帰ろう!

限定配信や最新情報をLINE@で配信しておりますので、この機会にぜひ、お友達登録をしていただけますと幸いです!

\【公式LINE】SURFLABOで限定配信中/

友だち追加

おすすめの記事