冬のサーフィンで初心者が気を付けるべきポイント5つ

夏にサーフィンにハマったから冬も行きたい。

でも初心者だから何に気を付けたらいいのか分からない。

夏と比べて冬のサーフィンはとにかく寒いです。

だから用意する物も注意する点も夏のサーフィンとはかなり違いがあります。

この記事では冬のサーフィン初心者が気を付けるべきポイントについてまとめたので冬サーフィンを考えている方は参考にして下さい。

冬のサーフィンで初心者が気を付けるべきポイント

夏の間にサーフィンにハマった方は、冬でもサーフィンがしたいと考えられる事が多いです。

しかし、しっかりとした準備をしなければ危険が付きまといます。

冬のサーフィンは夏よりも必要になる道具や気を付けなければならない事が多くなるからです。

そこでまずは、初心者が冬のサーフィンで気を付けるべきポイントについて解説していきます。

1.海水温を調べる

日本列島は縦に長い島国なので同じ冬でも海水温は場所によってまるで異なります

いつも自分が行くビーチの海水温が何度くらいになるのか調べる事で持っていくウェットスーツなどの道具が決定します。

水温が高い所であればグローブどころかブーツも必要ないという事もありますし、反対に完全装備のドライスーツでないとまともに動けないなんて事もあります。

なので、自分が行く海の海水温は事前に調べておきましょう。

ちなみに、冬の海水温度は2ヶ月遅れと言われています。

これは降った雪が川へ流れ込み、海へ流れ出て行く時に水温を下げるからです。

その為、同じ冬と言っても12月の水温は暖かく、湘南の水温を見てみても12月の水温の方が3月の水温よりも高い事が分かります。

画像出典:akifisher

2.寒さ対策を怠らない

冬のサーフィンはとにかく寒さ対策に始まり寒さ対策に終わると言っても過言ではありません。

防寒グッズや寒さをしのぐための知恵を総動員して寒さを防がないと風が冷たくてやってられません。

必要なグッズは多岐に渡りますが、初心者の方だと何を買って何を持っていけばいいのかは分からないと思います。

なので、下記の記事を参考にして冬のサーフィンに必要な物を海に行く前に揃えて下さい。

冬サーフィンの必需品グッズはこの9つ!
2019.10.15
冬のサーフィンは夏と違うのはわかるけど具体的には何を持っていけばいいの? そんな疑問を持つ方も多いでしょう。 冬のサーフィンは夏と比べて気温が低いので厳しい環境です。 それだけに冬のサーフィンの必需品というのが存在します。 かなりたくさんありますが、迷ったら今回ご紹介する必需品を揃えていけば安全に冬...

3.サーファーズイヤーを予防する

寒さによって怖いのがサーファーズイヤー

サーファーズイヤーとは寒さによって耳が塞がっていく病気の事で耳が聞こえづらくなったり、外耳炎などを併発する恐れがあります。

これを防ぐためのグッズとして耳栓やヘッドキャップがありますが、用意したからと言って100%防げるという保証もありません。

なので、万が一サーファーズイヤーになってしまった時の為に保険証を用意しておく様にしましょう。

4.人が少なくなるから不測の事態に対応できる様にしておく

冬のサーフィンのメリットの1つは人がいなくなるから周りを気にしないで波に乗れる事です。

しかし、そのメリットはそのままデメリットにもつながる恐れがあります。

人がいない=事故が起きた時に助けてくれる人がいないという事でもあるので誰かと一緒に行く方が無難です。

また、冬でもサーファーが比較的多いメジャーなビーチへ行くというのも1つの手です。

5.荷物がかさばりやすいので車が必須

冬のサーフィンは夏よりも必要になる物が多いです。

ただでさえボードが面積を取るのに加えてスーツや防寒グッズなど持っていくものは多種多様です。

また、着替えの為にもバンタイプの車で海に行くのがおすすめです。




冬の寒いサーフィンが嫌なら南の島へ練習もアリ

そもそも冬が寒い日本でサーフィンをする必要もないんですよね。

日本を脱出して南国に行けば普通に良い波でサーフィンをする事ができます。

外国でサーフィンをするには当然、言葉や文化、住む場所などの問題があり、旅費もそれなりにかかりますが物価が安い国に行って長期滞在なら日本よりも安くつくかもしれません。

長期滞在をしなくても例えば年末年始の休みを利用して海外で年越しサーフィンと言うのも面白いと思うので興味がある方は南国で冬のサーフィンを楽しんでください




まとめ

冬のサーフィンは波が良かったり人が少なくて沢山練習ができたりとメリットは多いです。

しかし、注意しなければ危ない事もまた確かです。

冬サーフィンに気をつけるべきポイントは以下の5つです。

  1. 海水温を調べる
  2. 寒さ対策を怠らない
  3. サーファーズイヤーを予防する
  4. 人が少なくなるから不測の事態に対応できる様にしておく
  5. 荷物がかさばりやすいので車が必須

今回ご紹介した事を参考に万全の準備をして冬サーフィンを楽しんでください。

☆★サーフラボをLINE友だち登録で★☆

☆★サーフィン情報を毎日GET★☆

友だち追加

スポンサーリンク




スポンサーリンク

おすすめの記事