サーフボードのテール形状の種類&特性を解説!

サーフボードを選ぶのに、色々形状があって悩むこともあるかと思います。

今回はどんなテール形状があって、どんな特性を持つか、解説してみたいと思います。

テールの違いを理解するだけで、ボード選びの選択肢が広がります。

サーフボードのテール形状の種類と特性

6種類のテール形状を解説します。

それぞれどのような特性があるのか、一つ一つ見ていきましょう。

波乗り太郎
波乗り太郎
テール形状は色々あるけど、それぞれどんな違いがあるのか分からないな〜

自分に合ったサーフボード選びの参考にしてみてね
LABO君
LABO君

スクエアテール・スカッシュテール

テールエンドを真っ直ぐにブッタ切っただけのような角のある四角い形状のテールをスクエアテールと云います。

テールワイドをしっかりキープできるので、波の力をキャッチしやすく、パワーレスな波でもテイクオフを早めるメリットがあります。

またテール面積がワイドに広いので、波からの反発も得られやすく、レスポンス感よくパンチのあるサーフィンを可能にします。

リッピングで蹴り込むほどにリップを破壊するかのように大きなスプレーを飛ばすことができ、ダイナミックなサーフィンを見せることが出来ます。

また大柄なサーファーや、パワフルなサーフィンを好むサーファーに好まれるテール形状でもあります。

スカッシュテールはスクエアテールの角を丸めた形状のものになります。

角に丸みを帯びるほどラウンドスカッシュテールとも呼ばれ、パンチのあるターンフィーリングにラウンドテールのようなスムースさを加えます。

安定感も最も得られるテール形状とも言えます。

ラウンドテール

全体的に丸みを帯びたテール形状をラウンドテールと云います。

丸みを帯びた形状は、スムースなフィーリングを生み、ターンをソフトタッチにイージーにしてくれます。

テール面積が角が取れて小さくなる分、安定感は損なわれて来ますが、その分コントロールがイージーといったフィーリングがメリットになって来ます。

先端を尖らせたようなラウンドテール形状をラウンドピンテール、シャープに尖ったラウンド気味な形状をラウンドピンテールと呼びます。

テール先端が尖るので、波へのホールド感が高まり、パワフルなブレイクや掘れるブレイクでも波への食いつき良く安定感も得られ、切り立つショルダーでもレールの切り返しも素早くコントロールが可能といったメリットが得られます。

ビッグウェーブ用のガンタイプのボードでよく見かけるデザインです。

テール面積を小さく出来るので、シングルフィンとの相性もよく好まれるデザインです。

スワローテール

テールに切り込みを入れてふたつに分けたテール形状です。

ツバメの尻尾のような形からスワローテールと呼ばれているのが由来です。

テールのワイドをキープしながら、左右に分けた角を持つ形状なので、波との食いつきがよく、クイックでホールド感の高いコントロールを楽しめます。

ボードを傾けてもどちらかのテール先端が波に食いついているので、ツインフィンやクアッドセッティングにも相性がよく比較的採用されているデザインです。

テールに切り込みが入っているので、テールを沈めやすく、脚力のないサーファーや女性のサーファーにもしっかりテールレスポンスを活かすにもおすすめなテール形状と言えます。

波に沈めやすく、食いつきも良いこのテールデザインは、大きな波でのガンタイプのボードでも採用されることがあり、そのシャープに細いスワローテールはベビースワローテールと呼ばれています。

ステルステール

このテール形状はスワローテールから派生した、最近よく見かけるようになったテール形状です。

スワローテールのようにテールに切り込みが入っているのですが、左右の角を残した形状をしており、スワローテールのテールを沈めやすくクイックな反応を得られるところと、スカッシュテールのハイレスポンス感も得られるといった両方のメリットを活かせるようミックスさせたテールデザインと言えます。

ステルス戦闘機の尾翼の形状に似ていることからが由来のようです。

スクエアスワローテールとも呼ぶところもあります。

フィッシュテール

フィッシュテールとスワローテールはどう違うの?と賛否両論がありますが、あくまでも呼び方の問題だと思います。

スワローテールも魚の尾のようにも見えますからね。

サーフボードブランドでリリースする際にメーカー側が表現をするテール名称によって変わるのではないでしょうか?

個人的に思う所は、レトロツインフィッシュ(サンディエゴフィッシュ)のテール形状をフィッシュテールと呼ぶのが最も正しいのではないかと思います。

ダイアモンドテール

ダイアモンドの角のようなデザインなので、ダイアモンドテールと呼びます。

先端の尖った部分はピンテールな役割をし、左右の角のある部分はスカッシュテールな役割を可能とするテール形状です。

波との食いつきがよく、またテール面積の広さからパワーレスな波でもキャッチしやすく、高い反発感も得られてスピードを出しやすく出来るデザインです。

テール先端からレールラインにかけては左右のレールが短くなるので、レールの切り返しの際にルースなフィーリングも生ませ、ホールド感を感じながらの素早いレールワークも可能となります。

テールの尖った部分を中心に左右に振れるようなテールコントロールが可能となるので、テールコントロールに小気味よさを感じられるようになるのが特徴と言えます。

まとめ

以上テール形状の解説でした。

自分にマッチしたサーフボードを見つける参考にして頂けると幸いです。

今回解説したテール形状は以下の6種類です。

・スクエアテール・スカッシュテール

・ラウンドテール

・スワローテール

・ステルステール

・フィッシュテール

・ダイアモンドテール

☆★サーフラボをLINE友だち登録で★☆

☆★サーフィン情報を毎日GET★☆

友だち追加

スポンサーリンク

おすすめの記事