世界初の電動サーフボードフィンが西海岸から誕生!Boost Surfing

アイキャッチ画像出典:boostsurfing

サーフィンのセッションで多くの時間を費やすパドリング。

全ての波とセッションを最大限に活用する為には、より速く、より長くパドル出来る必要があります。

サーファーのパドリングをサポートするテクノロジーがアメリカの西海岸から誕生!取り外し可能な電動サーフボードフィンがテクノロジーサーフィンに革命を起こします。

本日は世界初となる電動サーフフィン「ブーストサーフィン」をご紹介していきます。

ブーストサーフィンとは?

出典:surfertoday

ブーストサーフィンはサーファーのパドリングをアシストする電動フィンになり、800Wのハイテクサーフフィンは20ポンド(0.036馬力)のモーター出力で、最高速度11マイル(時速17.7Km)のパドルスピードを可能にしました。

ブーストフィン本体の充電は90分で完了し、約2時間〜4時間もしくは、8秒間の出力を95回、パドリングをアシストすると報告されています。

ブーストサーフィンの取り付け

出典:Youtube

ブーストフィンの取り付けはとても簡単で以下3ステップで完了。およそ5分ほどで設置が出来るようです。

  • アダプターを設置
  • ブーストフィンを固定
  • コントロールボタン設置

ロングボード、FCS、FCSⅡ、フューチャーフィン、ソフトボードに対応したアダプターをフィンボックスに取り付けて、ブーストフィンを挿入しネジで固定します。

最後にブーストフィンを起動させるコントロールボタンをサーフボードか手首にマウントして設置は完了。とても簡単に設置が可能ですね。

ブーストサーフィンはこうして創られた

出典:Boost Surfing

サーファーがより長く波乗りを楽しめるように何か出来ないか?そんな想いからカリフォルニアに拠点を置くBoost Surfingによってブーストフィンは誕生しました。

テクノロジーからインスピレーションを得た彼らは、サーファー自身がパドルを強化し、2倍の速さでラインナップし、3倍多くの波をキャッチする。

サーファーが誰よりも多く、波乗りを楽しむ事に目標を設定し、開発したようです。

そして、創設者であるAlexei Ostanin(アレックス・オースティン)"写真右"のアイディアがハンティントンビーチのエンジニアとサンフランシスコの起業家Dmitri Kozhevnikov(ダニトリー・コジェヴ二コフ)"写真左"により実現化しました。

ブーストフィン購入方法

出典:newatlas

Boost Surfing Finは現在、キックスターターのキャンペーン対象であり、キャンペーンを取得するためには、149ドルのクラウドファンディングが必要となります。出荷は来年5月には行われる予定で希望小売価格は299ドルとなっております。

先行予約はこちらから

まとめ

電動アシストフィン「BoostSurfingFin」には賛否両論があるかもしれません。

しかし、フィンのデザイナーはユーザーがより長く外に出てキャッチ出来ない波をキャッチ出来るようにする必要性があると述べています。

サーフィン初心者だけでなく、高齢者や障害者にとってサーフィンをより身近に、そして楽しめるツールとして、日本で活躍する日が来るかもしれませんね。

限定配信や最新情報をLINE@で配信しております。この機会にぜひ、お友達登録をしていただけますと幸いです!

\【公式LINE】SURFLABOで限定配信中/

友だち追加

おすすめの記事