サーフィン 冬用インナーのススメ 種類から選び方を紹介

サーフィンの冬用のインナーが欲しいけど何を買えばいいのか?

種類がたくさんありすぎてどれを選べばいいのか分からない。

冬用のインナーは身体を冷やさない為にも重要です。

しかし、何を買えばいいのか?どんな基準で選べばいいのか?までは悩んでいるのではないでしょうか。

なので、この記事ではサーフィン冬用インナーの種類や選び方についてお伝えしていきます。

サーフィンの冬用インナーが必要な理由

この記事を読んでいる方の中にはドライスーツやセミドライスーツがあればインナーは必要ないと思っていませんか?

インナーを着用する事でサーフィンのやりやすさがガラリと変わるのでインナーの必要性についてお伝えします。

保温機能のUP

冬のサーフィンではドライスーツかセミドライスーツのどちらかを利用するのですが、セミドライスーツだけを着用しただけでは寒い事があります。

そんな時に欲しいのがインナーです。

ウエットスーツの下に1枚着るだけでも保温効果はまるで違い、一度使ったら病みつきになります。

寒いのが大嫌いという方にはおすすめです。

摩擦防止に繋がる

ウエットスーツを素肌の上に直に着るとスーツの縫い目が擦れてしまって擦り傷を作ってしまう事があります。

傷ができた所に海水が染み込んだらめちゃくちゃ痛いですし、できれば避けたいですよね。

そんな時にインナーを着ていれば素肌が擦れる事が無くなるので無駄なケガを避ける事ができます。

ウエットスーツの着脱がやりやすい

素肌とのスレが無くなるという事は着脱のしやすさにもつながります。

冬のサーフィンの辛さは海の中よりもむしろ沖に上がった時の寒風にあると思っています。

寒風吹きすさぶ中での着替えはめちゃくちゃ辛いです。

しかし、着脱に手間取っていたらより長い時間寒風にさらされてしまいます。

そういう辛い時間を少しでも短くしたいのであればインナーは必須です。

波乗り太郎
波乗り太郎
ウエットスーツの中にインナーを着用すればメリットがいっぱいだね!
続いてインナーの種類を解説するよ
LABO君
LABO君

サーフィン用のインナーの種類

インナーと言っても種類は複数あります。

それぞれ役割が違うのでどれが優れているとは言えませんが、役割を知る事で自分に合ったインナーが選べるようになるので知っておいて損はないですよ。

スーツタイプ

画像出典:amazon

ウェア、パンツが一体型になっているインナーです。

他のインナーが上下に分かれていたりするタイプなのに対して一体型になっていると密着感や保温力が違います。

特にお腹周りまでしっかりとカバーしてくれているので特に冷えが気になる人はスーツタイプがおすすめです。

パンツタイプ

画像出典:楽天

こちらはその名の通り下半身を防寒するためのインナーです。

腰回り、お腹の冷えが気になる方は必須と言っていいでしょう。

お腹を冷やすとお腹を下しやすくなりますし、無いと下半身周りがウエットスーツに擦れてしまって満足なパフォーマンスができない可能性もあります。

インナーネック

画像出典:楽天

首周りにはリンパ腺や神経が集中しているので冷えると体調が一気に悪くなります。

頭が痛くなったり首が凝ったり風邪を引いたりしますし、筋肉も収縮するので満足に動けなくなってしまうので首元を温める事は大事です。

ですからインナーネックを使う事は体調を崩すことなくサーフィンをするのに有効なアイテムです。

サーフィン用インナーの選び方

インナーの種類が分かった所で自分に合っていないインナーを買ってしまってはお金がもったいないです。

なので何を買えばいいのか迷ったら下記でご紹介する基準を参考にしてみてください。

冷える箇所を温められるインナーを選ぶ

冷えは人によって様々です。上半身が冷えてしょうがない方がいれば下半身の冷えに悩んでいる方もいます。

なので、自分が冷えやすいと感じている箇所をカバーできる様なインナーを選ぶ事をおすすめします。

特に神経が集中している場所(太ももの付け根、脇、首等)をカバーできると暖かく感じられます。

どうしても迷うというのであれば全てをカバーできるスーツタイプを選ぶのが良いでしょう。

重ね着して使う

インナー1枚、スーツ1枚だけでは寒いという方は重ね着をおすすめします。

インナー1枚1枚は薄く作られているので重ね着をしても動きに支障が出る事は少ないです。

例えばタッパータイプのインナーを着て更にその上からスーツタイプのインナーを着れば下半身の保温をしつつも上半身は更に強力な保温力を得る事ができるのでおすすめです。

サーフィンの冬用インナーの種類や選び方まとめ

冬用のインナー選びはサーフィンをやる上で重要です。

何を重視するのかは人によって様々ですが、まずは防寒対策を万全にしてから他にこだわってください。

同じタイプのインナーでも素材や形、機能は商品によってバラバラですからじっくりと吟味して自分に合ったベストのインナーを探してくださいね。

☆★サーフラボをLINE友だち登録で★☆

☆★サーフィン情報を毎日GET★☆

友だち追加

おすすめの記事