サーフィン|サーファーとの会話に困った時のサーフィン用語集 ラ行


サーフィンを始めたての頃は、 サーファー同士の会話に専門用語が飛び交って、 話についていけない...

そんな経験をする方もいるかもしれません。

サーフィンは自然の波をサーフボードで 乗りこなすシンプルなスポーツですが、サーフィンに関する専門的な言葉は、 数多くあります。

今回はそんなサーフィンに関わる言葉、 サーファーがよく使う言葉のラ行をまとめてみました。

サーフィン用語集 ラ行

・ライディング(riding) 波に乗ること。
・ライトブレイク(right break) 右側にブレイクしていく波。
・ラウンドハウスカットバック(roundhouse cutback) 普通のカットバックより大きな弧描くカットバックのこと。
・ラインナップ(line up) 沖で波を待つ所。
・ラッシュガード(rush guard) サーフボードについているワックス、ウエットスーツで擦れる体を守ってくれ、日焼け防止に着くウェアのこと。
・リーシュコード(leash code) サーフボードと体をつなぐコードのこと。マナーとして必ずつけましょう。
・リーフ(reef) サンゴ礁、海底にある岩場のこと。
・リーニングターン(leaning turn) 体全体を少しずつレールに傾けてターンすること。
・リーフブレイク(reef break) 海底がサンゴ礁や岩でブレイクして立つ波。
・リッピング(ripping) オフザリップのことを表したり、波が崩れそうな際をライディングすること。
・リエントリー(re entry) 波から離れてからまた波に乗ること。
・リップ(rip) 崩れそうな波の先端のこと。
・リップカレント(rip current) 岸から沖に向かって流れる潮の流れのこと。初心者は注意が必要。
・リバーカレント(reverse spin) 頭を陸の方向に振るスピン。ボディーボードのテクニック。
・リペア(repair) サーフボードの傷などを修復すること。
・レイト(late takeoff) 波に乗るタイミングをずらしてテイクオフすること。
・レイドバック(lait back) サーフボードに仰向けになって、波面に背中をつけるテクニック。
・レール(rail) サーフボードの両サイドの箇所。
・レールワーク(rail work) 右のレールを入れたり、左のレールに変えたりすること。
・レギュラー(regular) サーフボードに立った時に左足が前になること。
・レギュラースタンス(regular atance) サーフボードに立った時に、左足が前になるスタンス。
・レギュラーフッター(regular footer) レギュラースタンスのサーファーのこと。
・レフト(left break) 岸に向かって左方向にブレイクしていく波。
・ローカル(local) サーフポイントに住んでいる地元の人。
・ローカリズム(localism) サーフポイントに住んでいる人のマナー、主義、流儀など。
・ローカルサーファー(local surfer) 地元に住んでいるサーファーのこと。
・ロータイド(low tide) 満潮のこと。
・ローラーコースター(roller coaster) 波が崩れた白い泡状の波の上に乗るテクニック。
・ローリングスルー(rolling through) サーフボードをひっくり返すのと同時に自分も海中に潜り、波をやり過ごすこと。ドルフィンスルーができないロングボードで使う。
・ロッカー(rocker) サーフボードの反りのこと。急な反りほど回転しやすく技を決めやすい。反りが少ないよ安定性が増す。
・ロングライディング(long riding) 長い距離、長時間、波に乗ること。
・ロンスプ ロングスリーブスプリングの略。長袖半ズボンのウエットスーツのこと。
・ロングボード(longboard) 9ft以上のサーフボードのこと。


関連動画

ライディングについて、分かりやすく解説してくれています。

リッピングのコツを、分かりやすく解説してくれています。

公式LINEに登録して最新情報をGETしてね♫

友だち追加

おすすめの記事