サーフィン|サーファーとの会話に困った時のサーファン用語集 カ行


サーフィンを始めたての頃は、 サーファー同士の会話に専門用語が飛び交って、 話についていけない...

そんな経験をする方もいるかもしれません。

サーフィンは自然の波をサーフボードで 乗りこなすシンプルなスポーツですが、サーフィンに関する専門的な言葉は、 数多くあります。

今回はそんなサーフィンに関わる言葉サーファーがよく使う言葉の、カ行をまとめてみました。

サーフィン用語 カ行

・カール(curl) 波の頭の部分が波を巻いていること。

このカールの部分が大きいほどチューブになる。

・風波 うねりではなく風の影響で発生した波のこと。
・カービーイング・ターン(curving turn) オフザリップと近く、フェイスでかかと側のレールを入れ、トップに向かい回転をしてトップ部分でカットバックする技。
・カットバック(cut back) ライディング中にショルダーにでてしまいスピードが無くなった時、さらに波がブレイクしている力がある場所へ戻るために、進行方向と真逆に回転するテクニック。
・カレント(current) 沖の方向、横方向の潮の流れ1日、1日の波や風、地形によって変わってくる。その中に入ってしまうと抜け出すのに体力を使い危険なので初心者の方は特に気を付けて下さい。
・干潮 1日に2回ぐらい起きる、海水がもっとも浅くなる現象。
・キックアウト(kick out) サーフボードを蹴り、ジャンプして波の後ろに飛び出すプルアウト。
・キックターン (kickturn) 後ろの足でサーフボードを蹴り、回転する技。

ロングンボードで使用するテクニック。

・キックテイクオフ(kick takeoff) パドルなしでボードを沈めて波がボードを押し上げる力を使ったテイクオフ。
・キックノーズ(kick nose) サーフボードのノーズが大きく反っている状態。
・キャリア(roof rack) サーフボードを車の屋根に積む機材
・グーフィー(goofy) サーフボードの上に立った時に右足が前になることを言う。

岸に向かいながら左方向に波が崩れていくこと。

・グーフィーフッター(goofy footer) サーフボードの上に立った時に右足が前になるサーファーのこと。
・クラッシュ(crash) 波に乗っていて衝突してしまうこと。
・グラッシー(glassy) 鏡のように美しく落ち着いた波の面のこと。
・グランドスウェル(ground swell) 台風や低気圧によって生まれた大きなうねり。
・グリーンルーム(green room) チューブの中の神聖な空間。
・クリスクロス(criss cross) ライディングしている時に他のサーファー交差すること。
・クレスト(crest) もっとも波が高い状態。波の頂上部分。
・クローズアウト(close out) 強風や波のサイズが大きすぎてサーフィンできない状況。

横一線で波が割れず一気に崩れる波。

・クロスステップ(cross step) ロングボードで足をクロスさせながら移動する技。
・ゲッティングアウト(getting out) パドリングでアウトサイド(アウト、沖)に移動すること。
・コーラルリーフ(coral reef) サンゴ礁
・コンケイブ(concave) ボードのボトム全面に溝があるデザインのこと。


関連動画

カットバックについて分かりやすく解説してくれています。

https://youtu.be/mAKF---eMdg

公式LINEに登録して最新情報をGETしてね♫

友だち追加

おすすめの記事