サーフィン|サーファーとの会話に困った時のサーフィン用語集 ハ行


サーフィンを始めたての頃は、 サーファー同士の会話に専門用語が飛び交って、 話についていけない...

そんな経験をする方もいるかもしれません。

サーフィンは自然の波をサーフボードで 乗りこなすシンプルなスポーツですが、サーフィンに関する専門的な言葉は、 数多くあります。

今回はそんなサーフィンに関わる言葉サーファーがよく使う言葉の、ハ行をまとめてみました。

サーフィン用語集 ハ行

・ハードケース(hard case) サーフボードをしまうケース。ナイロン、ポリエチレンの素材で作られていて、内側は衝撃吸収に優れている。サーフトリップには必需品。
・ハードレール(hard rail) ボトムの面と角が鋭いレールの形。
・パーリング(pearling) テイクオフできず波に乗れないこと。
・ハイタイド(high tide) 満潮のことを言う。
・ハウジング(housing) 水中カメラの防水ケース。
・バックウォッシュ(back wash) 海岸にきた波が、沖に戻るときに海岸に向かっている波とぶつかった時に発生する水しぶき。
・バックサイド(back side) 波を背にしてライディングすること。
・パタパタ君 波に乗ったあとに失速してしまいサーフボードを上下に動かして再度加速するテクニック。あまり格好は良くない。
・パドリング(paddling) サーフボードをクロールのような態勢で漕ぎ進んでいくこと。
・パドルアウト(paddle out) 沖に出ていくこと。
・パドルボート(puddle board) 手でパドルしないで、1本のオールを使ってパドルして波に乗るボード。
・バレル(barrel) 斜面が急な波で、トンネル状の波のこと。
・パワーコード(power code) サーフボードをつなぐコード。リーシュコードとも言う。
・ハングファイブ(hang five) ノーズに片足の指5本をかけてライディングするロングボードの技。
・ハングテン(hang ten) ノーズに両方の足の指10本をかけてライディングするロングボードの技。
・パンチアウト(punch out) ぶっ飛ばされて追い出されてしまうこと。

マナーを守って快適なサーフィンをしましょう。

・バンク(bunk) 台形の海底の地形のことを言い、良い波が立ちやすい。
・ハングアップ(hung up) クローズした大波であったり、もう手に負えないこと。
・バンピー(bumpy) 風の影響で波面にボコボコが多いこと。
・ピーク(peak) 崩れはじめる波の1番高い所。
・ビーディング(beating) バタ足して進むボディーボードの技。
・ビーチブレイク(beach break) 海底が砂の所で崩れる波。
・ヒート(heat) サーフィンコンテストの組み合わせのこと。
・干く 干潮のこと。
・ビックガン(big gun) 大きい波の時に使用する細いボードのこと。
・ビジター(visiter) 訪問者のこと。
・ファンボード(funboard) 長さが7ft~8.11ftのボードのこと。
・ブイ(bui) 思うように波に乗る事ができずプカプカ浮いて波待ちしていること。
・フィン(fin) ボードの裏についている舵の役目を果たす物。1枚だとシングルフィン。2枚だとツインフィン。3枚だとトライフィン。
・フィート(feet) 長さの単位。1フィート=12インチ。

表記は「6`4"」は6フィート4インチ=193,04cmとなる。

・フェイス(face) 波の面。
・フック(hook) 巻き上がっている波を横から見て、釣り針のような形になっていること。
・フェイド・ターン(fade turn) 波が崩れる逆にテイクオフし、立ったら通常の進行方向にいくテクニック。
・プッシングスルー(pushing through) 腕立てのようにしてボードを沈めてボードと体の間にスープを通し、波を逃がすテクニック。沖に出るときに使う。
・フォード・スピン(forword spin) 波に向かって回るスピンのこと。ボディーボードで使うテクニック。
・フラット(flat) 海面に波が無く平らなこと。
・ブラウンアウト(brown out) 強風で砂が巻き上がり、見えない状態のこと。
・プルアウト(pull out) 意図的に乗っている波から降りること。
・フレックス(flex) ボードのしなり具合のこと。
・フルスーツ(full suit) 長袖長ズボンのウエット。生地の厚みが3mm、5mmのものがある。
・フローター(floater) 崩れかけの波の上をライディングするテクニック。
・プローンアウト(prawn out) 腹を下にして沖に進むこと。ボディーボードのパドリング。
・フロントサイド(front side) 波の方を見てライディングするスタイル。
・ベイルアウト(bail out) 自分からボードから降りて緊急脱出すること。
・ヘッドディップ(head dip) 波の中に頭を突っ込むこと。
・ヘッドムーブ(head move) 進む方向に頭を向けて、ターンするために準備をすること。
・ベリーボード(belly borad) ボディーサーフィンのボードの種類。
・ヘリコプターターン(helicopter turn) 空中で横に1回転する難易度が高いテクニック。
・ポイントブレイク(point break) 同じ場所でブレイクする波のこと。
・ボウル(bowl) えぐられた波のこと。
・ボディーサーフィン(body surfing) ボードを使わないで波に乗ること。波の感覚を掴む練習に良い。
・ホットドッグ(hotdog) ラディカルなライディング。
・ボトム(bottom) 波の一番低い面。サーフボードの裏面。
・ボトムターン(bottom turn) 波の低い所でターンすること。
・ホレる 波が巻いていて、サーフィンができる状態のこと。
・ボヨつく 海面がボヨボヨしていること。
・ホレた波 波の面が急なこと。
・ホロウ(hollow) 空洞、チューブの空間のこと。
・ホワイトウォーター(white water) 白いさざ波のこと。


関連動画

パドリングで疲れにくく、いち早く上達できるコツを解説してくれています。

ボトムターンについて分かりやすく解説してくれています。

https://youtu.be/t9Mig8U5o0s

 

公式LINEに登録して最新情報をGETしてね♫

友だち追加

おすすめの記事