ノーズガードの実用性とは?サーフボードのノーズを守ろう!


皆さんは固い所にサーフボードのノーズを当ててしまって、傷をつけたり欠けたりしてしまった経験はございませんか?

サーフボードの素材はとてもモロく、小さな力でもわれたり、傷がつきますよね。

そこで、大事なサーフボードを守ってくれる「ノーズガード」の存在をご存知でしょうか?

ノーズガードの実用性の高さをサーフィン中に起こりうる事故と交えて、詳しく解説していきます。

この記事のポイントノーズガードを取り付ける事のメリットと、正しい付け方を知る事ができます。

ノーズガードとは

nose10

画像出典:All About

サーフボードの中で最も尖っている部位である”ノーズ”に被せる事ができるゴムシリコンでできた保護アイテムです。

サーフボードの種類やノーズの厚さに合ったものを選べば、どんなサーフボードでも装着が可能です。

ノーズガードの実用性の高さ

ノーズに関して起こりうる事故を踏まえ、ノーズガードの実用性の高さを見ていきましょう!

・ノーズの破損事故を予防してくれる!

Image result for ノーズ 欠け サーフ

画像出典:フルスピード

サーフボードを運搬する際、ドアなど固い部分にノーズをぶつけてヒビやキズが入ってしまう可能性があります。

そのままノーズのヒビに気付かずに海の中に入ってしまうと、海水がノーズから侵入してしまい、サーフボード自体のバランスが悪くなってしまいます。

サーフィンのパフォーマンスが落ち、寿命も短くなります。

ノーズガードが装着されていれば、衝撃を吸収してくれるので、このような事態になる可能性を下げることができます。

また、パーリングした際にノーズから海底に刺さってしまった際に欠けてしまうかもしれません。

この時もノーズガードを付けていれば、欠けるほどの衝撃を軽減してくれます。

それから、サーフトリップに行かれる時はハードケースにサーフボードを入れると思うのですが、ノーズガードも合わせて活用することで、より破損事故の可能性を軽減してくれます。

・ノーズによるケガを予防してくれる!

画像出典:SURFCO

サーフボードの部位の中で最も尖っているノーズは、自分や他人の体に当たるとケガをしてしまう可能性が高いです。

いつ起きるかわからない事故によるケガを大きくしないためにもノーズガードを装着させる事に意味はあります。

スピードが速いほど当たった時の威力はすさまじいので、避ける能力が養われていない初心者の方は装着させることを強くオススメします。

画像出典:SURF HOW

ノーズを他のサーファーに当て、ケガをさせてしまった場合や、相手のサーフボードに亀裂や穴が生じ、自分の非が大きい場合、医療費やサーフボードの修理代金もしくは新しいサーフボードの弁償代金を支払わなければいけません。

あらかじめ保険として装着させておけば、大事に至らないかもしれません。


デメリットと対処法

1.サーフボードの見た目が落ちる

これは装着させる人が少ない理由の一因だと思います。

ノーズガードはサーフボードの先端に付けるために目立ちます。

サーフボードが本来持っている美しいアウトラインを妨げることになってしまいますが、色の付いていないクリアタイプのノーズガードを使う事でアウトラインの美しさやサーフボードのデザイン性を損なわずにさりげなく付ける事ができます。

2.ケースに引っ掛かる

素材がゴムやシリコンなので、ニットケースから出しづらい難点があります。

スムーズに出せるようになるまでストレスを感じてしまうかもしれませんが、慣れれば大丈夫です。

また、ノーズガードの形によっても引っかかりやすいタイプがあります。

ダイヤモンドチップ型は、ケースに引っ掛かる問題を解決したタイプなのでオススメです。

TOOLS(ツールス) NOSE GUARD(ノーズガード) ショートボード用 ダイヤモンドチップ クリア

画像出典:amazon

3.サイズ問題

サーフショップで購入する場合は店員さんと相談してサイズに合うものを選べますが、ネットで注文すると、サイズが小さい場合があります。

そんな時は、付けるサーフボードの形に合わせてノーズガードの間にハサミで切れ目を少し入れる事で、ノーズの幅が広いサーフボードでも装着させられます。

テールガード

画像出典:amazon

テールの部分を守る事ができるテールガードもあります。

うっかりテールを固い場所にぶつけてしまったり、車のトランクを閉めた時にテールに当ててしまっても、破損を予防できます。

特にロングボードは持ち運ぶ時は固い場所に当ててしまう可能性が高いので、テールガードも合わせて付けると良いでしょう。

付け方

誰でも簡単にサーフボードに取り付けられます。

1.ノーズガードを綺麗にする。

ゴミが付着していると接着面が弱くなってしまうのでティッシュなどで軽く拭いておきましょう。

2.紙やすりでノーズを擦る。

目の細かい紙やすりがノーズガードのパッケージの中に入っているものが多いです。

ツルツルな素材でできているノーズを少しザラザラにしてあげることによって接着性が良くなります。

この時はノーズガードと直接当たる部位のみを軽い力で擦ってください。

3.接着させる。

ノーズガードを接着させるタイプのものであれば、パッケージの中に専用の接着剤が付属しています。

接着剤を紙やすりで擦った場所に少しずつ乗せていきます。

その後にノーズガードの内側にも少し接着剤を塗って下さい。

接着剤は乾くまでの時間が短いので、素早くノーズガードを開くようにしながらサーフボードに被せます。

時間を置いて、取れないか確認したら完了です。

関連動画

万が一、ノーズが割れてしまっても自分でリペアをする事ができますので、この動画を参考にするといいと思います。

まとめ

ノーズガードやテールガードをするだけで、自分や他人に怪我をさせてしまうリスクを大きく下げる事ができます。

初心者の方は避けるスキルが養われるまで、ノーズガードを付ける事をオススメします。

怪我を負わないため、保険として付けておくべきアイテムのご紹介でした。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

公式LINEに登録して最新情報をGETしてね♫

友だち追加

おすすめの記事