【サーフィン動画付き】世界で活躍するプロサーファーはどんな人?注目が集まるブラジルから Italo Ferreira(イタロ フェレイラ)選手を徹底分析
Italo Ferreira of Brazil won Heat 7 of Round Two at the Quik Pro Gold Coast, Australia.


サーフィンの世界大会では、年間通して世界各地を周り、各大会で獲得したポイントの合算で、年間ツアーのチャンピオンが決定する。

今回は2015年以来ワールド サーフ リーグ メンズ ワールドツアーで活躍し、現在ランキング4位につけているブラジルのプロサーファーItalo Ferreira(イタロ フェレイラ)の魅力に迫っていきます。

※2018.10.18現在のランキングです

これを読んだらあなたもイタロ・フェレイラのファンになるかも!

Itaro Ferreira(イタロ フェレイラ)

出身国 ブラジル
スタンス グーフィー
身長 168cm
体重 68kg
生年月日 1994年5月6日
得意技 エアー
ホーム バイーア フォルモーザ
Itaro Ferreira(イタロ フェレイラ)生い立ち

バイーア・フォルモーザで生まれ育ったフェレイラ。

フェレイラは、8歳で彼のいとことサーフィンを始めた。そんな彼のキャリア、ハイライトは、アンダー21のブラジリアン・プロ・ジュニア・チャンピオン

2012年のサウス・アメリカン・プロ・ジュニア・チャンピオンである。

また、2014年のブラジリアン・プロ・チャンピオンにもなった彼は、その年の2014WSLワールド・プロ・ジュニアで2位となり、その翌年2015年ワールドツアーのルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得した。

ランキング上位を占めるブラジル勢ですが、少し前まではオーストラリア、アメリカ勢が上位を占めていました。

実はここ最近のワールドツアーでのブラジル選手の強さの裏には一人のコーチの存在があります。

それはマーケティングのプロであり、コーチでもある 「ルイス ピンガ カンポス」の存在である。

優秀なコーチと、ブラジル選手特有のハングリー精神でワールドツアーで通用する選手を何人も輩出している。

彼の指導をうけ、育てられた世代のブラジル選手は「ブラジリアンストーム」と呼ばれ、イタロ フェレイラもその一人である。

イタロ・フェレイラがクラマスを完全制覇!

今年はCTに大幅なスケジュール変更があり、毎年この時期い行われているフィジー戦に変わってバリ島のクラマスが会場に選ばれました。

クラマスがある東側はオフシーズンの乾季のため、前半のラウンドは不安定なコンディションで始まった。

しかし、後半のラウンドに入ると風が吹く前の午前中限定ながらコンディションは安定してくる。それもバックドアカインドのバレルやトラッセルズのようなオープンフェイスと今シーズンで最も良い最高の波に恵まれた。

メンズ、ウィメンズ共に多くのハイスコアが続出する中で、セミファイナルでテクニカル・バックハンドのフルローテーション・エアリアルを成功させパーフェクト10を叩き出し会場を沸かせた。着地も完璧に決まり、そこから流れるようにビックターン。

そして、彼らしい遊び心満載のポップショービットからスイッチスタンス。

ジャッチへ「今のは10ptでしょ?」という主張もパフォーマンスの一つと思わせるほどの完璧なライディングだ。

ミシェル・ボウレズとのファイナルでも彼のバックハンドの勢いは止まらなかった。

最高のパフォーマンスでギャラリーの心も掴み、このイベントのベスト2に入る9.60ともう一つの9pt。

ファイナルがハイエストヒートになる理想の形でシーズン2勝目をあげた。

今季、強いブラジル勢の中でもシーズン2勝目をあげ、トップクラスの実力を見せつけたイタロ フェレイラの今後の活躍にも目が離せない!!


Italo Ferreira(イタロ フェレイラ)ライディング集

 

公式LINEに登録して最新情報をGETしてね♫

友だち追加

 

 

 

 

おすすめの記事