サーフィン|サーファーとの会話に困った時のサーフィン用語集 ナ行


サーフィンを始めたての頃は、 サーファー同士の会話に専門用語が飛び交って、 話についていけない...

そんな経験をする方もいるかもしれません。

サーフィンは自然の波をサーフボードで 乗りこなすシンプルなスポーツですが、サーフィンに関する専門的な言葉は、 数多くあります。

今回はそんなサーフィンに関わる言葉サーファーがよく使う言葉ナ行をまとめてみました。

サーフィン用語集 ナ行

・ナチュラルスタンス(natural stance) サーフボードの上に立った時に左足が前になるスタンスのこと。
・夏サー 夏(7~8月)の期間しかサーフィンをしないサーファーのこと。
・ニーターン(knee turn) 後ろ足の膝をボードについたままターンするテクニックのこと。ロングボードのテクニック。
・ニードルノーズ(needle nose) サーフボードの先端が尖っていること。
・ニーパドル(knee paddle) ロングボードのテクニックで両膝をついたままパドルすること。(ニーリングとも言う。)
・ニットケース(knit case) サーフボードをしまうニット生地で作られたケース。昔は彼女が手作りで作るのが流行した。
・ノースショア(north shore) サーフィンの聖地。ハワイオアフ島の北側にある海岸のこと。
・ノーズ(nose) サーフボードの先端のこと。
・ノーズライディング(nose riding) ロングボードのテクニック。サーフボードの先端部分に立って波に乗ること。
・ノーズロッカー(nose rocker) サーフボードのノーズの反りのこと。


関連動画

ノーズライディングの楽しさが伝わってくる動画です。

ハワイ・オアフ島ノースショアに関して、分かりやすくまとめてある動画です。

公式LINEに登録して最新情報をGETしてね♫

友だち追加

おすすめの記事