沖縄へサーフトリップに行こう!おすすめサーフガイド5選

まるで海外のようなキレイな水質と温暖な気候に恵まれている沖縄は、1年中コンスタントに波が立つポイントもあり、台風スウェルが入ると世界レベルの極上ウェーブが出現すると評判です。

本島が寒くなりだした時期でも、暖かな沖縄なら寒さを気にすることなくサーフィンを楽しめるので最高ですよね!

そこで今回は、沖縄のサーフトリップ情報についてまとめてみたいと思います。

「沖縄を訪れた経験がない」「サーフトリップが初めてだ」「沖縄のサーフポイントがわからない」などという人は必見です!

沖縄がサーフトリップにおすすめの理由は?

沖縄にサーフトリップに行くと、どのようなメリットがあるのでしょうか?

・寒さを気にせずサーフィンに集中できる

・関東などに比べると人が圧倒的に少ない

・海の色がキレイで海外に行ったかのような気分になれる

・シーズンによっては世界レベルの極上ウェーブを味わえる

・観光地がたくさんあるためアフターサーフも楽しめる

・サーフポイントが多く、どこかしらで波が割れていることが多い

・ご飯が美味しい

・南国気分に浸れる

など、沖縄の非日常的な空間はトリップの醍醐味ともいえますし、なんといっても沖縄にはさまざまなタイプのポイントが点在しています。

「並みに敏感なポイント」もあれば「他のポイントがクローズのときに入れるポイント」「ビーチブレイク」「ポイントブレイク」など豊富な波があるので、トリップ当日の天候に合わせて適切なポイントを選ぶことも可能です。

また、関東地方などのサーフポイントはたくさんのサーファーが集まり、なかなか波に乗れないとなげくサーファーも少なくありません。

その点、沖縄は他の地域に比べるとサーファー人口が圧倒的に少ないため、波に乗れる頻度も上がるはず

「いい波」「暖かな気候」「空いている」そして「沖縄の美味しい食べ物」など、どれを取っても沖縄はサーフトリップにうってつけの島と考えられます。

沖縄でサーフィンを楽しむために欠かせないこととは?

画像出典:asoview

温暖な気候とたくさんのサーフポイントを持つ沖縄ですが、ビジターにとっては「どこにポイントがあるの?」「ここのポイントって入ってもいいの?」「駐車場はどこ?」などといった疑問が浮かび上がってきますよね。

また、潮の満ち引きが激しい沖縄では、タイド表をしっかりと確認しておかなければ「入るときはよかったけど、上がる頃には干潮になって岩がむき出しに…」なんてことにもつながりかねません。

沖縄の海にあまり詳しくないビジターが沖縄でサーフィンを楽しむためには、沖縄の海を知り尽くした「地元のガイド」の力を貸してもらうことが必須でしょう。

ガイドを利用することで「その日ベストなコンディションのポイントに連れて行ってもらえる」「シークレットポイントを教えてもらえる」「ライディングを撮影してもらえる」「ホテルまで送迎してくれる」などというメリットが得られます。

沖縄の海の中には珊瑚やウニなどが生息していることが多く、しっかりとした知識を持った地元ガイドのアテンドを受けなければ、思わぬ事故やトラブルに巻き込まれてしまうこともあるものです。

沖縄のサーフトリップならここ!おすすめのガイド5選

沖縄のサーフトリップを思いっきり楽しむためには、地元のガイドを利用して効率よく過ごす方法がおすすめです。

ここでは、沖縄でガイドを行なっている会社をまとめてみたいと思います。

CLIFFS SURF OKINAWA

画像出典:cliffs surf okinawa

こちらのサーフショップでは、沖縄生まれ沖縄育ちのオーナ・大城氏が、親切かつ丁寧にポイントまで案内してくれます。

サーフィン暦25年のショップオーナーはガイドの腕もベテランで、沖縄の海でのエントリー方法・ライディングのコツを教えてくれるだけではなく、各ポイントの波質も的確にアドバイスしてくれます。

基本的に南部エリアと南海岸スーサイド・シークレットポイントの案内になりますが、コンディションによってはその他のポイントへ足を伸ばす場合も。

オーナーは地元サーファーなので沖縄のローカル事情にも詳しく、ビジターが安心してサーフィンを楽しむことができるようにサポートしてくれます。

OSG

画像出典:osg

こちらのショップでは、サーフガイドはもちろん「サーフィンスクール」「SUP」「シュノーケリング」「カヤック」など、さまざまなマリンアクティビティーの斡旋が行われています。

サーフガイドのサービスでは、地元のネットワークを駆使してサーフポイントを紹介してくれます。

ポイント近くで待ち合わせしてポイントまで誘導してくれますが、その後はなんと「一緒にパドルアウト」までしてくれるという親切ぶり!

沖縄の海はリーフポイントが多く、慣れていない人にとってはパドルアウトがものすごく怖かったりするんですよね…。

こちらのガイドはその辺もしっかりと考慮してくれているので、安心してサービスを利用することができそうです。

また、もし波がなくてサーフィンができなかった場合は、シュノーケリングなどに切り替えてもらうことも可能というフレキシブルさが魅力的!

アイランドカラー

画像出典:アイランドカラー

沖縄の中でも「あまり知られていない憩いの場所」に案内してくれるというこちらのショップでは、その日の天候やコンディションに合わせて沖縄全域のサーフポイントを紹介もしくは引率してくれます。

海の中に一緒に入ってくれるため、水中撮影や砂浜での撮影も心置きなくお願いすることができます。

そして驚くことに、当日は「プロのカメラマンによる撮影」をしてもらえるだけではなく、オリジナルフォトをプレゼントしてもらえます。

また、希望に合わせてDVD作成も依頼できるので、沖縄トリップを思い出として残したいサーファーは必見!

サーフガイドはもちろんですが、時間があれば「美味しいご飯屋さんへ連れて行ってくれる」「一緒に飲みに行く」ことでガイドとの絆を深めることができ、まるで友達とトリップをしているかのように旅を満喫することができるでしょう。

SURF MONKEY

画像出典:surf monkey

沖縄サーフィン連盟公認の「SURF MONKEY」では、初めての沖縄サーフトリップでも安心して楽しめるような配慮がたくさん!

「レベルに合わせてサーフポイントを選んでくれる」「波のコンディションがベストなポイントに連れて行ってくれる」「無料で水中カメラ撮影をしてくれる」など、ビジターに嬉しいサポートが満載です。

また、担当するガイドは地元沖縄人で、サーフィン歴30年の大ベテラン!優しい人柄と笑顔が特徴的なガイドさんなので、1人サーフトリップでもきっと楽しめるはず。

沖縄のサーフガイドでは、案内するポイントを「南部のみ」「北部エリアのみ」などと限定しているところも多い中、こちらのショップは沖縄本島全域のサーフポイントに案内してくれます。

その分いい波に出会える確率も上がるため、本気で波を当てたいサーファーにおすすめのショップといえるでしょう。

RICKEY PRO SURF GUIDE&SCHOOL

画像出典:rickeysurf

沖縄県出身のプロサーファー「比嘉力夫」さんによるガイドを受けられるのが、こちらの「リッキーサーフガイド」です。

沖縄のサーフィンを発展させるために精力的に活動している比嘉力夫さんは、とっても明るくてウェルカムな雰囲気を持っています。

その日のベストコンディションを教えてくれるガイド業はもちろんですが、島内のドライブでもショッピングでも、希望に応じてその場所へ連れて行ってくれるホスピタリティーの高さが魅力的。

プロサーファーと一緒に海に入ることでレベルアップも視野に入れることができるので、サーフィンを上達させたい意欲がある人にもおすすめのショップです!

スポンサーリンク

沖縄の主なサーフポイント

ここでは、沖縄のサーフポイントを簡単にご紹介します。

ここでご紹介する以外にもまだまだたくさんのポイントやシークレットポイントがありますが、まずは沖縄の有名ポイントについて学んでいきましょう!

伊計島

夏場でも比較的コンスタントに波があるポイント

西からのスウェルでいい波になりますがアウトまで遠くカレントも発生しやすいため、サイズが大きいときは初心者は避けておきましょう。

ポイントのチョイスによっては初心者でも可能な場合もあるため、ガイドに確認すると安心です。

※台風スウェルが入ると危険なコンディションになりやすく、毎年遭難者が出ているほどのポイントです!

安波

北部にある安波は、手付かずの自然がたくさんで人も少なめ。

天願/昆布

沖縄では珍しいビーチブレイクで、干潮時でもサーフィン可能なポイント

台風スウェルでロングライドできる波が現れやすい。

ホワイトビーチ

台風スウェルの前後にだけ波が立地、コンディションによっては速めの波が決まる。

真栄田岬

サーフスクールが開催されることもあるこちらのポイントでは、普段は穏やかな波でも台風スウェルが一旦入ると超ホレホレで危険度が高い波質に。

コンディションによっては初心者からでも楽しめる波が立ち、自然豊かな景色を望みながらサーフィンを楽しむことができます。

マリブ

「真栄田がクローズしたときはマリブ」といわれるほどで、普段は波が立たないがサイズアップしたときに頼れるポイント。

こちらも沖縄では珍しいビーチブレイクです。

砂辺

沖縄で最も有名なサーフポイントといえる砂辺では、プロサーファーも多く集まります。

人気のあるポイントで混雑しやすく、ローカルのピリピリした雰囲気に圧倒されることもありそう。

台風が来ると世界屈指のポイントにも負けない上質な波が立つと定評があり、中級〜エキスパートレベルのサーファーにおすすめ!

スーサイド(米須海岸)

最南端に位置するスーサイドでは1年中波があり、沖縄では最も多くのサーファーが集まるポイントとしても知られています。

他のポイントがクローズしているようなコンディションでもスーサイドではいい波が立っていることもありますが、シャークアタックには要注意なポイント!

コーチャン

沖縄本島の最北部にあるコーチャンは、辺戸岬の東側にあるポイントです。

ピークまでの距離が近いのでパドルアウトが楽ですが、チョッピーなコンディションになりやすいことも。

沖縄でサーフィントリップを楽しむならガイドを利用しよう!

リーフポイントが多く、潮の満ち引きによってかなり危険なコンディションになることが多い沖縄では、沖縄の海を知り尽くした「地元ガイド」の存在が欠かせません。

ガイドを頼めばサーフィンを安心して楽しむことができるだけではなく、地元の人しか知らないような穴場観光スポットなども教えてくれるので、より充実した旅になることでしょう。

☆★サーフラボをLINE友だち登録で★☆

☆★サーフィン情報を毎日GET★☆

友だち追加

スポンサーリンク

おすすめの記事