冬サーフィンの必需品グッズはこの9つ!

冬でもサーフィンがやりたい!

でも、冬のサーフィンは夏と違うのはわかるけど具体的には何を持っていけばいいの?

そんな疑問を持つ方も多いでしょう。

冬のサーフィンは夏と比べて気温が低いので厳しい環境です。

それだけに冬のサーフィンの必需品というのが存在します。

かなりたくさんありますが、迷ったら今回ご紹介する必需品を揃えていけば安全に冬サーフィンを楽しめるので参考にして下さい。

記事の内容冬サーフィンに欠かせないアイテムまとめ

冬サーフィンの必需品のラインナップ

冬サーフィンの必需品は以下の通りです。

  • ドライスーツ or セミドライスーツ
  • 保温インナー
  • ヘッドキャップ
  • 耳栓
  • サーフブーツ、サーフグローブ
  • ホットジェル
  • 日焼け止めクリーム
  • ポンチョ
  • ポリタンク

波乗り太郎
波乗り太郎
冬場のサーフィンの必需品は結構多いんだね

備えあれば憂いなし!なぜ必要なのか解説していくよ!
LABO君
LABO君

ドライスーツ or セミドライスーツ

画像出典:amazon

まずはこれは絶対に必要です。

夏ならまだしも冬にスーツなしでサーフィンをするなんて自殺行為も良い所です。

完全に水を遮断するドライスーツ、もしくはそれに近い性能を持つセミドライスーツのどちらかは必ず用意しましょう。

ドライスーツ、セミドライスーツのどちらを選べばいいのかは人によって異なりますが、とりあえずという意味ではセミドライスーツを選べばOKです。

保温インナー

画像出典:楽天

ドライスーツ、セミドライスーツだけではまだ寒いという方はインナー必須です。

自分では寒さに強いと思っていても気づいたら体温が下がって低体温症寸前なんて事にもなりかねないので必ず用意して下さい。

それにインナーの役割は体温の低下を防ぐだけでなく、ウエットスーツのこすれを防いだり、着脱をしやすくするという機能もありますから用意するに越したことはありません。

ヘッドキャップ

暖かい空気は上へと逃げていきます。したがって体温も頭から出ていってしまうのです。

言い換えると頭から体温が逃げない様にすれば体温の低下を防ぎやすくなるという事です。

なので、ヘッドキャップを使う事は体温低下に大いに役立ちます。

また、顔に密着してくれるので水が入りづらくなり、サーファーズイヤーの予防にもつながると良い事づくめです。

サーフィン用耳栓

画像出典:楽天

ヘッドキャップは頭まで密着するし鬱陶しいから被りたくないという方は耳栓必須です。

ヘッドキャップもなし、耳栓もなしではサーファーズイヤーという耳の穴が塞がる病気になる可能性が高くなるからです。

そうなると耳が聞こえづらくなったりしますし、外耳炎などの耳の病気を併発しやすくなるので安全にサーフィンを楽しむためにもヘッドキャップか耳栓のどちらかは用意するようにして下さい。

おすすめサーフィン用耳栓はこちら。

サーフブーツ、サーフグローブ

画像出典:楽天

人の身体は先端から冷たくなっていきます。末端冷え性の方なら思い浮かべやすいでしょうがとにかく手足は冷えます。

そこで、サーフブーツやサーフグローブを使えば体感温度はグッと上がり、寒さを気にすることなくサーフィンを楽しめる様になります。

体温が下がると体力の低下が著しくなるので事故を防ぐという意味でも手足は守ってください。

ただし、ドライスーツはサーフブーツ一体型のスーツなのでサーフブーツは不要です。

ホットジェル

画像出典:amazon

ドライスーツや防寒インナー以外にも全身の体温低下を防ぐためにはホットジェルも有効です。

真冬のサーフィンはとにかく心臓への負担が大きいです。自分で思っている以上に負担をかけています。

学校のプールですら入る前には心臓に水をかけて水に慣れてから入る訳ですからいかに水が冷たい事が身体にとって害なのかはご理解いただけると思います。

海に入って気づいたら身体が動かなくなっていたでは遅いですから身体を温められるホットジェルとドライスーツなどを併用する事は重要です。

おすすめホットジェルはこちら。

日焼け止めクリーム

冬だから日焼けは大丈夫だろうと思っていたら大間違いです。

確かに真夏と比べれば日焼けは少なくなるでしょうが、日焼けしないわけではありません。

それにドライスーツにヘッドキャップを被ってサーフィンをしていたら顔の周りだけ焼けて後は真っ白という何とも間抜けな日焼けをしてしまいます。

ドライスーツやヘッドキャップ等と比べれば必ずしも必需品と言う訳ではありませんが、あるに越したことはないアイテムです。

着替え用のポンチョ

画像出典;amazon

水の中は思ったよりも暖かいけどビーチにあがった途端、寒風にさらされて一気に寒くなるというのは誰もが一度は経験した事があるのではないでしょうか。

そんな中での着替えはとんでもなく辛いです。手足はガタガタ震えてまともに動きません。

そんな時に上から羽織れるポンチョがあるとすごく便利です。ポンチョ1つで寒さを完全に防げるわけではありませんが、それでも寒風を防ぐのに役立ってくれるのであるとないのでは大違いです。

また、女性は着替えを隠す事もできるので女性には特に必要なアイテムだと言えるでしょう。

ポリタンク

真冬のサーフィンの後に身体を温める為に必要なのがお湯です。そのお湯を貯めておくのに必要なのがポリタンクです。

体温が下がったままではサーフィンが終わった後に風邪を引いてしまいますし、快適からは程遠いです。

しかし、お湯の保温方法を知らなければせっかくポリタンクを持って行ってもお湯が冷めてしまいます。

【冬サーファー必見】ポリタンクに入ったお湯の保温方法という記事でお湯の温度を保つ方法を解説しているのでそちらも参考にして下さい。

冬のサーフィンの必需品まとめ

冬のサーフィンでは夏よりも必要になるアイテムが多いです。

ですが、人が少なくなってたくさん波に乗れたり、波質が良くなったりと冬だからこそのメリットがあるのもまた事実です。

そのメリットを最大限に活かす為にも安全性をしっかりと確保して、楽しい冬のサーフィンライフを送りましょう!

最後にまとめとして、今回ご紹介した冬サーフィンの必需品は以下の9つです。

  1. ドライスーツ or セミドライスーツ
  2. 保温インナー
  3. ヘッドキャップ
  4. 耳栓
  5. サーフブーツ、サーフグローブ
  6. ホットジェル
  7. 日焼け止めクリーム
  8. ポンチョ
  9. ポリタンク

☆★サーフラボをLINE友だち登録で★☆

☆★サーフィン情報を毎日GET★☆

友だち追加

スポンサーリンク

おすすめの記事