サーフィン|現在WSLランク10位のカリフォルニアのプロサーファーConner・Coffin(コナー・コフィン)選手を要チェック!!


サーフィンの世界大会では、年間を通して世界各地を周り、各大会で獲得したポイントの合算で、年間ツアーのチャンピオンが決まる。

2018.11.21現在のランキングです。

今回は、アメリカ、カリフォルニア州出身のコナー コフィン選手について迫って行きたいと思います。

この記事を見ればあなたもコナー選手のファンになるかも!?

イケメンでも知られるコナー コフィン選手。

Conner・Coffin(コナー・コフィン)選手

出身国 アメリカ,カルフォルニア州
スタンス レギュラー
身長 170cm
体重 69kg
生年月日 1993年7月25日
得意技 エアー
ホーム カリフォルニア州サンタバーバラ、リンコン
コナー・コフィン選手のサーフスタイル

現在CTランク10位でカリフォルニア州サンタバーバラ出身のプロサーファーであるコナー・コフィン選手は、同じカリフォルニアの五十嵐カノア選手同様、2016年ワールドツアーに初めて参戦しました。

若手のサーファーでありながら、レールサーフィンが真骨頂というコナー選手。

美しいレールサーフィン、オフショアに煽られて高々と舞い上がるスプレー、まさに芸術といえるでしょう!

ちなみに今年ミュージシャンとしてもデビューしたようです。このように様々な才能を発揮しているコナー選手ですが、2017年のトリプルクラウン第2戦「Vans World Cup」で優勝を飾りました。

コナー選手のスタイリッシュでパワフルなアプローチを見た時にあの、トム・カレンやテイラー・ノックスを思い出したのは私だけではないはずです。

それはハワイアンにもオージーにもブラジリアンにもない独特のサーフィンであり、唯一無二であるカルフォルニアのサーフィン文化を継承してると言えるでしょう。

12才でハワイに来てからは、ハワイでのサーフィンが大好きなになったようですので、昨年の優勝はずっと追いかけていた夢が叶ったと喜びを爆発させたようです!

ハワイで優勝するにはハワイの波を追及する必要があります。それは、ハワイの波というのは世界中のどの波とも違うからだ。

幸運にもご両親がノースショアに別荘をもっていた事もあって、12才から10年以上も通い続けているコナー選手は、2才年下の弟のパーカーと共にハワイでの勝ち方を研究できていたのだ。

ちなみに弟のパーカーもプロのサーファーなので、近い将来弟のパーカーとワールドツアーをまわる日が来るかもしれないが、今は今季残りのツアーで順位を1つでも上げて結果を残すことにフォーカスしているようです。

ミュージシャンとしての側面

CT選手でありながら今年、ミュージシャンとしてもでビューしたコナー・コフィン選手。

ボブ・ディランの「天国への扉」など6つのカバー曲を収録した初のEP「Conner Coffinan&Friends」をリリースしたようです!

10才の時にギターを始め、18才の時にローリングストーンのライブを見て音楽にものめり込んだというコナー選手ですが、昨年のクリスマスから3月までのオフシーズンを使って曲を仕上げたようです。

コナー選手を知っている人ならば、彼がツアーに出かけるときにはサーフボードと一緒にギターを持っていた事を知っているだろう!

サーフィン界のスーパースターであるトム・カレンもカリフォルニア出身のサーファーでミュージシャンとしての腕前は今更説明するまでもないことですね。

同じような生き方をしているコナー選手を見ているとこの土地にはそんなサーファーを育む土壌ができていると思わずにはいられませんね!

今季残りのツアーで少しでも順位を上げることができるかが正念場ともいえるコナー選手に注目である!!


Conner・Coffin(コナー・コフィン)選手のライディング集

公式LINEに登録して最新情報をGETしてね♫

友だち追加

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめの記事