ノースショア

(アイキャッチ画像:tracksmag)

サーフィンの聖地ハワイ、ノースショア。

多くのプロサーファーがしのぎを削るパイプラインや、夕日で有名なサンセットビーチなど、ハイレベルなサーフポイントが数多く存在するノースショアで、今回はその中でも厳選した3つのサーフポイントのご紹介です!

オアフ島へのサーフトリップの際に、ぜひ参考にしてみて下さい。

記事の内容ハワイ・ノースショアのサーフポイント3選

  • ハレイワ
  • エフカイ
  • ロッキー・ポイント

の詳細を知る事ができます。

ハワイ・ノースショアの有名なサーフポイント3選!

波乗り太郎
波乗り太郎
ハワイのサーフトリップで、ノースショアに行きたいんだけど、パイプラインしかポイント知らないんだよなぁ...。
パイプラインの他にも、とても有名なサーフポイントがノースショアには存在するよ!
LABO君
LABO君
波乗り太郎
波乗り太郎
え〜、どこどこ?教えてよ!
ノースショアの中で、僕が厳選したサーフポイント3つを教えるよ〜
LABO君
LABO君

ハレイワ

View this post on Instagram

 

Diego Jardini Stellaさん(@diego.stella)がシェアした投稿 -


ホノルルからH1、H2、さらにハイウェイ803を経由して北西へ30マイル(48km)走った場所にあり、ハレイワ・ハーバーの近くに駐車場があります。

ハレイワの町自体は、のんびりな雰囲気に包まれたローカルのお店が立ち並び、昔ながらのハワイを感じる事ができる観光タウンです。

ハレイワのメインとなるピークは岸から遠く、ある程度パドル力がないとゲッティングアウトが厳しいかもしれません。

毎年、11月から12月にかけて開催される権威あるサーフィンコンテスト「トリプルクラウン」の舞台の一つになるハレイワは、巨大なスウェルがやってくると、非常に速いヘビーなブレイクで、長いマニューバー向けのロングウォールが現れます。

バレルを巻いた長いセクションが続き、最後のトイレット・ボウルと呼ばれるエンドセクションで終わります。

波のサイズが3~6ftであれば、掘れすぎない落ち着いた波質になりますが、リーフには十分気を付けましょう。また、波のサイズが10ftを超えてくると、レギュラーブレイクのみになり、横に流れる速いカレントが発生するので、注意が必要です。

サーフィン可能な波のサイズ 6ft~20ft
ベストなうねり 西うねり
ベストな風向き
サーフシーズン 11月〜2月

エフカイ

View this post on Instagram

 

Yumiさん(@yumi.828)がシェアした投稿 -


ハレイワからカメハメハ・ハイウェイを北東に15分ほど車で走った場所にあるエフカイは、パイプラインの隣に位置するサーフポイントです。

パワフルな波がブレイクするエフカイの特徴は、ハワイでも珍しいビーチブレイクな事。地形は変わりやすく、波は様々な表情を見せてくれます。

ちなみに、ハワイ語でエフカイ(ʻEhukai)は波のしぶきという意味があります。

条件が整うと、エフカイの波はしぶきを上げながらバレルを形成し、プロサーファーによるサーフセッションを見学する事もできますよ。

サーフィン可能な波のサイズ 3ft~20ft
ベストなうねり 西〜北西
ベストな風向き
サーフシーズン 11月〜2月


ロッキー・ポイント

View this post on Instagram

 

Raúl Andres Hernández Oroszさん(@surf_nomad)がシェアした投稿 -


エフカイビーチからカメハメハ・ハイウェイを北東へ1kmの場所に位置するロッキー・ポイント。ハイクオリティなレギュラーの波が有名で、プロサーファーに人気のサーフポイントの一つです。

うねりに敏感な場所なので、人の混雑が目立ちますが、北うねりが入ってくると、長いチューブを形成し、西うねりが入ると、グーフィーの波が良くなる傾向にあります。

速いブレイクが特徴的ですが、波のサイズが小さい時でも綺麗にブレイクし、上級者でなくとも楽しめるポイントです。リーフとカレントに注意が必要です。

サーフィン可能な波のサイズ 3ft~8ft
ベストなうねり 北西うねり
ベストな風向き
サーフシーズン 11月〜2月

関連動画

Haleiwa / ハレイワ

Ehukai / エフカイ

Rocky Point / ロッキーポイント

まとめ

波乗り太郎
波乗り太郎
ノースショアの波、早く乗ってみたいな!カレントや人の混雑には要注意だね
パワフルな波でリーフのポイントが多いノースショアでは、自分のレベルに合った場所でサーフィンするように心掛けてね!
LABO君
LABO君
波乗り太郎
波乗り太郎
はーい!

以上、ノースショアのサーフポイント「ハレイワ」、「エフカイ」、「ロッキー・ポイント」のご紹介でした。

冬の間がサーフシーズンになるノースショアは、世界中からプロサーファーが集まり、多くの人でポイントが混雑すると、あまり波に乗れない状況になりやすいです。あえて、サーフシーズンを外した時期の穏やかなノースショアでファンウェーブを楽しむのも良いと思います!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

公式LINEに登録して最新情報をGETしてね♫

友だち追加

おすすめの記事