サーフボードの幅で何が変わる?アウトラインを解説!

アウトラインとは、サーフボードの形を言います。

ノーズからテールまで、美しいカーブを描くラインで繋がるボードは抵抗のないターンを可能とし、見た目のカッコよさだかでなく大変調子も良いものです。

今回はアウトラインについて解説してみたいと思います。

サーフボードの「ノーズアウトライン」とは

ノーズアウトラインとは、ボードのノーズ部分の形状です。

基本的にノーズワイドの広いボードは安定感を増し、細くなるほど不安定感を感じるようになります。

ワイドのあるノーズ形状は、安定感を得られるだけでなく、パドリングやテイクオフでもメリットになります。

パドリングでは安定感を得られるほか、漕ぐ際にボードを進めやすくなり推進性を高めやすくなります。

テイクオフでもやはり安定感を得られるだけでなく、波に滑り出させる際にボードを前方へと押しやすくなり、推進力を得られやすくなります。

またワイドなノーズによって抵抗を生むことで、ボードが刺さりづらくパーリングを避けやすくなるといったメリットも得られる場合もあります。 

逆にノーズが細くなると、パドリングでは不安定感が強まりますが、ボードの方向転換は楽になって来ます。

テイクオフでもやはり不安定感が細いほどに強まりますが、アプローチの方向付けがしやすくなり、速いブレイクなどで横方向へとボードを滑り出させる際などにコントロールしやすくなります。

ゲッティングアウトの際に波の下を潜るドルフィンスルーをする際は、やはりワイドがあるほどノーズを沈めづらく、ノーズが細くなるほど沈めやすくなるといったところも理解できるかと思います。

ライディングにおいては、ノーズがワイドになるほど動きが鈍くなります。

逆にシャープに細くなるほど、キレのあるコントロールが可能になって来ます。

ライディングでの安定性や推進性を求めるほどノーズワイドは広めに、キレのあるパフォーマンス性を求めるほどノーズワイドはシャープにといったところが基本になります。

パフォーマンス性を重視する上級者は、ターンやリッピングなどのアクションの際にボードを返す時、キレよく素早い返りを求めるのでシャープなボードを選びます。

特にコンペ志向のサーファーは、素早くキレのある反応を可能とする演技の方が高得点を得られるので、皆シャープで細いボードに乗っています。

ビギナーや上達を図る中級者などは、練習のしやすいスキルや好みの範囲で、ワイドを持たせたボードが何かとメリットなので、おすすめです。

「マックスワイデスト」とは

ボードの最も広い部分をマックスワイデストと言います。

全体的なアウトラインを決める上で、長さと関係するボードのバランス上重要な部分です。

ボードの全長の真ん中の部分を最大幅に設定するのが一般的です。

ノーズが細めなボードほど、比較的マックスワイドは細目になります。

逆にノーズワイドのあるボードほど、マックスワイドは広めになります。

マックスワイデストが広くなるほど、ノーズからテールまで全体的にワイドなラインになって来るので安定感が増します。

しかしワイドが広くなるほど、ボードの切り返しの反応はスローになって来ます。

よって細かく素早いレールトゥレールのターンを求めるほど、細めなワイドが必要になります。

またワイドが広いほど、接水面積が大きくなるので、波の力を得られやすくなります。

波の力を得られやすくなることで、波の力を利用しやすくなり、推進スピード性能を得られやすくなります・

パワーレスなスモールウェーブで使用する小波用のモデルでワイドが広いボードを多く見かけるのは、その理由からデザインされているからです。

波の力が得られやすいといったメリットはパワーのある波では力を受けすぎてしまいデメリットになるので、オールラウンドボードやビッグウェーブ用ボードが細いアウトラインデザインが多いのは、やはりそういった理由によるものです。

スポンサーリンク

サーフボードの「テールアウトライン」について

テールワイドが広いほど、安定感が増し、波の力を得られやすくなります。

またテールのワイドが広いほど、テールを踏込みリリースする際に、高いレスポンスを得られるようになります。

安定感が増すことで、まずパドリングやテイクオフがしやすくなります。

ライディングにおいてもテールがふらつき辛く、しっかりとしたテールコントロールが可能になります。

波の力を得られやすくなるということは、パワーレスで動きの少ないブレイクでもテイクオフを早めることが出来たり、張りづらいフェイスでもスピードを得られやすくなります。

こうした理由からも、やはり小波用のモデルではテールワイドの広いデザインのボードを多く見かけると思います。

ワイドの広いテールからの高いレスポンスは、パワーレスで張りづらいフェイスでもスピードに変換しやすく、やはり小波用サーフボードには大変向いているデザインと言えます。

逆にテールワイドが細いほど、波に食いつきやすくなります。

ターンでのテールコントロールも素早くキレが生まれます。

パワーのある波や掘れる波で使用するボード、またテールコントロールを駆使するパフォーマンス性の高いボードは、細いテールアウトラインのボードを採用しているのをよく見かけると思います。

まとめ

アウトラインについて基本的なことを解説しました。

サーフボードで重要なのはバランスです。

全てのバランスが整った上で、素晴らしいポテンシャルを発揮できるものです。

そのボードのコンセプトや使い道によって、様々に考慮されデザインされています。

この基本を知った中で、自分の見合ったサーフボードを探されてみてください。

初心者サーファーのうちは、やはり何かと安定感だと思います。

長さを持つボードの中で、安定感もしっかり得られる自分にとってコントロールもしやすいワイドを持ったボードを乗られることが、上達への近道としてもおすすめです!

☆★サーフラボをLINE友だち登録で★☆

☆★サーフィン情報を毎日GET★☆

友だち追加

スポンサーリンク

おすすめの記事