サーフィン|サーファーとの会話に困った時のサーフィン用語集 ア行


サーフィンを始めたての頃は、 サーファー同士の会話に専門用語が飛び交って、 話についていけない...

そんな経験をする方もいるかもしれません。

サーフィンは自然の波をサーフボードで 乗りこなすシンプルなスポーツですが、サーフィンに関する専門的な言葉は、 数多くあります。

今回はそんなサーフィンに関わる言葉サーファーがよく使う言葉の、ア行をまとめてみました。

サーフィン用語集 ア行

・アイルランドプルアウト(Island pull out) チューブやダンパーの波にレールを持ちノーズから波に突っ込み波の裏側に移動すること。上級者テクニックの1つ
・アウターリーフ(outer reef) 岸から離れた所にあるサンゴ礁のこと。
・アウトサイド(out side) 海の沖のことを表す。区間は曖昧ですが、波待ちしている波がブレイクしていく方向
・アウトライン(out line) サーフボートの形、全体の形状のこと。
・アクション(action) ライディング中に起こす動作のこと。
・上げる(high-tide) 潮が上がる、満潮になること。
アップス・アンド・ダウンズ

(ups and downs)

波の斜面を上に行ったり、下に行ったりする加速する技。アップスとも言われている。
厚い波(thick wave) 波の面が穏やかでなかなか割れない波
当て込む サーフボードを波に斜面に当てること
アロハスピリッツ(aloha spirit) 多くの人に尊敬の念を持つこと

自分の幸せを分かち合うこと

人から見返りを期待しないこと

他人の良さを見つけること

人に優しくすること

人生そのもの

このような精神のこと

(財団法人愛媛県国際交流協会HPより)

・インサイド(inside) 岸に近い海のこと。区切りは曖昧。
・インターフェア(interfere) 波に乗っている人の進路を邪魔すること。
・インチ(inch) 長さの単位。1インチ=1/12フィート=254cm「6‘44”」は6フィート4インチ=193.04のような表記方法になる。
・インパクトゾーン(impact zone) ブレイクした波が当たり、最も波の力が強いこと。
・ウォーキング(wailking) ボードの上を体重移動しながら歩くこと。
・うねり 低気圧の風で出来上がった波のこと。ブレイクする前の波の山が丸い状態のことを言う。このうねりが海底にぶつかり波がブレイクするので、うねりの大きさと海底の深さを予測することでブレイクする場所が把握できる
・ウォーク・トゥー・ザ ノーズ

(walk to the noze)

ノーズに向かってあること。ノーズウォークだけで伝わる。
・ウインドスウェル(wind swell) 海上を吹く風によりできる波のこと。
・ウォール(wall) 波が壁のように盛り上がり、切り立った壁のような状態になること。
・ウィンディー(windy) 天候を表現する用語、強風でサーフィンには適していない天候のことを言う。
・エアボーン(air born) ライディング中に波をジャンプ台のように駆け上がってジャンプして着地すること。
・エアリアル(aerial) エアボーンと同じ。どちらでも通じる
・エポキシ(epoxy) ボードの表面に塗る樹脂のこと。

ファイバー製のものに比べて強度があり壊れにくいボードになる。しかし、リペアする時に少し手間がかかる。

・エッジ(edge) ボードのレール部分にある角のことを言う。
・エルロロ(erulolo) 波のリップを利用して横回転するボディーボードのテクニック。
・丘サーファー 本当はサーフィンをしないがサーファーの身なりをしている。
・オイルマン(oil man) サンオイルを塗り海に入る、海を汚す男のこと。ヌル男とも言う。
・オフザトップ(off the top) 浅めのボトムターンから波の上に移動して鋭く回転する技。
・奥(depths) 波の崩れる位置がもっともピークに近い位置を言う。
・オフザリップ(off the rip) ボトムからフェイスに上がり崩れそうな波にリップボード当てて回転する技。
・オンショア(on shore) 海から岸に向かって吹く風のことを言う。海風とも言われている。波の面を悪くしてサーフィンにむかない。
・オフショア(off shore) 岸から海向かって吹く風のことを言い、陸風とも言われている。オンショアとは逆で波の面を保ってくれていてサーフィンに向いているが、強いオフショアが吹き続けると、沖に流されたり、波がサイズダウンしてしまう。


関連動画

アップスの動きを分かりやすく見る事ができます。

公式LINEに登録して最新情報をGETしてね♫

友だち追加

おすすめの記事