サーフボードのテールによってサーフィンが変わる?形状の違いの特徴!


サーフボードのテールには様々な形があることはご存知でしょうか?

実はテールの形によって色々な要素があり、サーフィンにおいて、ライディングに欠かせない重要な役割を担うのがテールになります。

今回は、これからサーフボードを初めて購入される方や、サーフボードを買い換えたいと考えている方のために、サーフボードのテール形状の違いと特徴をまとめていきました。

この記事のポイントテール形状の違いや特徴を知ることで、波やコンディションによってサーフボードを選ぶことが出来たり、自分のスタイルに合ったボード選びが出来るようになります。

テールの重要性

様々なテールの形状をしたサーフボードが世界には存在しますが、実際にどれだけテールデザインでサーフィンに影響が出るのでしょうか。

サーフボードのテールエンドの形により水の抵抗や浮力が変わり、乗り味やターン時の感覚が変わってきます。

テールはサーフボード をコントロールする為に必要不可欠で、とても重要な役割を担う部分になります。

つまり、少しの形状の違いでもパフォーマンスが大きく変わることもありますし、サーフボードを選ぶ際には、テール形状もしっかり見ることが大切になって来ます。

テール形状の違い、特徴

基本的にテールの表面面積が大きければ水と接する部分が大きくなるので、スピードが得られやすいという特徴があり、

逆にテールの表面面積が小さいと、表面面積が大きいものと比べた場合、スピードが得られづらいということになります。

その他にも、テールの形状によって、回転性やターンに大きな影響を与えます。

自分のスタイルや波に合わせて、テール形状を変えることでパフォーマンスが上がり、上達につながります。

「ピンテール」

このテールはアウトラインが先に行くほど細くなっていて、水がまっすぐに流れることによる直進する性能が一番高いデザインです。

安定性も良く、サイズがある大きな波で大きなラインを描きながらサーフィンをすることに長けています。

このテールデザインのショートボードは珍しく、ガンボードという大きな波に乗る為のボードやロングボードに多く採用されています。

サイズがあるチューブの波でも巻き上げられづらく安定するので、ビッグウェーバーに好まれる傾向があります。

ピンテールに少し丸みを持たせたデザインもあり、これを「ラウンドピンテール」と言います。

「スクアッシュテール」

このテールデザインを持つショートボードは非常に多く、一般的に最もサーフボードに浸透しているデザインだと思います。

テールエンドに差し掛かるところまでテール幅を保てるので、スピードも付きやすく急激な体重移動を伴うターンも可能です。

テールの表面面積も大きいのでスピードも付けられ、不規則な波でもしっかり動いてくれます。

波が大きくても小さくてもしっかりと水が食いつく為、このデザインを持つサーフボードは1本持っておくとオールラウンダーに使えるでしょう。

サーフボードを初めて購入される方はこのデザインのサーフボードであればテイクオフできるようになってからサイズの大きな波にもチャレンジできるので最初に持つサーフボードとして長い期間海で練習できるでしょう。

角が少し丸くなったスクアッシュテールを「ラウンドスクアッシュテール」と言い、このデザインも主流で、多くのサーフボードに採用されています。

「ラウンドテール」

ピンテールとスクアッシュテールの間のような特徴を持っていて、ラウンドピンテールよりかはテールの表面面積が大きく、スクアッシュテールよりは小さいです。

大きな波でも安定性が増していて、形状が丸い為レールの切り返しが容易になります。

スムーズなレールの切り返しをたくさんするサーファーや、大きなマニューバーをするサーファーに好まれているテール形状です。

「スワローテール」

ツバメの尾から名前をつけられたテールデザインで、真ん中から2つに別れている形です。

スワローのデザインが大きくなるほどサーフボードのアウトラインの直線が長くなります。

これにより、不規則な波の上でも常にどちらかのレールが波の中に食い込んでいるので安定します。

真ん中に切り込みが入ったようなデザインなのでテールが小さい力でも沈めやすく、レールが入りやすい為、クイックな反応を感じることができるでしょう。

主に小波用のパフォーマンスショートボードにこのテール形状を採用されることが多いです。

波が小さく、力のない波でもターンの始まる支点が2つあることで安定性もあり、クイックにスピードをつけてアクションができることに長けているテール形状です。

また、「ベイビースワロー」という大きい波用のガンボードなどに採用されることがあるテール形状もあり、パワーのある波でも2つの支点から水が流れると大きい波のトップでも安定します。

また「フィッシュテール」という同じく真ん中で切り込まれたデザインもあり、こちらはテールが程よく曲がりながらデザインされたもので、レトロフィッシュボードやクラシックなサーフボードに採用されることが多いです。

「ムーンテール」というテール形状が月のようにカーブを描いている形状のテールもあり、この形状も基本的に2つの支点でターンするのでスワローテールと特徴は同じです。

これらの2つ支点のあるサーフボードはクアッドフィンと相性がとても良いです。

「ダイアモンドテール」

スクアッシュテールの角をとってより角ばったデザインにすることで、そのサーフボードの長さよりも短めな感覚でサーフィンができます。

サーフボードが短くなると回転性は上がるのですが、スピードをつけるのが難しくなります。

しかしダイアモンドテールはそのままの長さに保ち、回転性やクイックな反応を感じることができるテール形状です。

こちらも比較的小波用のショートボードに採用されることが多く、パフォーマンスをあげることができるテール形状です。

「スクエアテール」

名前の通り四角い形状をしています。

テールエンドの表面面積がとても広いので安定性もあり、波のパワーをテールでもしっかり受けることができるテールです。

直進性は高いのですが、後ろのテールが大きい分ターンをするときは後足で踏み込まないとレールが入ってくれないので、しっかりレールを入れられるサーファー向けと言えるでしょう。

レールさえ入れることができればスムーズにターンでき、安定したライディングを楽しまることができます。

「バットテール」

上記のスワローテールの切り込みの間にもう一つ支点がある形状でコウモリのような形です。

これにより、スワローテールよりも直進性が加わったことでドライブ性能が上がりますが、スワローテール特有の真ん中から水が抜けて生じるルース感は劣ります。

安定性が高まっているので初心者の方でも問題なく乗れます。


関連動画

このサーフボードは「ステルステール」という珍しいテールで、そのボードのシェイパーの方が詳しく説明してくれます。

まとめ

サーフボードにはテールの種類がたくさんあり、それぞれ適した波、コンディションがあるため自分のスキルや通っているポイントの波質とも合わせて考えて選ぶのが一番良いでしょう。

サーフボードを購入する際に、気になったテールを持つサーフボードのシェイパーの方がどんな考えでこの形を採用したのか聞くことも自分に合ったサーフボードを選ぶ際に大事なポイントの一つだと思います。

世界にはまだ見たこともないような形をしたユニークなテールや、最新のテールがたくさん存在していると思いますが、これからもきっと新しい技術や考えで新しい形のテールが出てくることも楽しみですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

公式LINEに登録して最新情報をGETしてね♫

友だち追加

おすすめの記事