サーフィンで筋肉痛になりやすい場所とそのケア方法

サーフィンで筋肉痛になりやすい場所をご存知ですか?

筋肉痛になりやすい場所が分かればストレッチをしてケアをする事ができますし、注意もできます。

海に出ているとボードや波に集中してしまって筋肉の事までは意識しにくいですから気付かぬうちに大きな負担がかかっている事があります。

そこで今回はサーフィンで筋肉痛になりやすい場所を紹介しますのでサーフィンをする前にはしっかりとストレッチをして更にケアができるようにしていきましょう。

サーフィンで筋肉痛になる主な場所はココ

サーフィンを始めた頃に特に筋肉痛になりやすいのがです。

他の所のストレッチをサボっていたとしても首だけはやった方が良いです。

サーフィンをやっている最中はあまり意識する事は無いかもしれませんが、かなり酷使しています。

と、言うのもパドリングをしている時はみんな首を無意識に固定しているからなんです。

首を固定する=首に力を入れっぱなしにしておくという事でもあるのでサーフィンをやった翌日は首が回らないなんて事にもなりかねません。

もし、パドリングの真っ最中に首に意識して力を入れずにブラブラしていたらとてもパドリングどころの話ではなくなってしまうのが分かります。

それくらい負担がかかる場所になりますし、神経が多く通っている箇所なので、首を痛める事で他の事にも支障が出る可能性がありますからケアはしっかりとやっておくべきです。

上腕三頭筋

サーフィンでめちゃくちゃ力を使う行為と言えばパドリングです。

腕をぐるぐる回すパドリングは筋力が無いとポジションに行く事すら大変です。

筋力が求められるテクニックだけに久しぶりにサーフィンをやる時などは筋肉痛になりがちです。

いつも上腕三頭筋を鍛えている様な方ならまだしも、あまり運動をしていない方は特にケアが必要です。

広背筋

パドリングは何も腕の力だけでやる物ではありません。

肩を思い切り回して水を掻く訳ですから腕を回すのに必要な筋肉痛は負担がかかります。

特に体幹部分に関係する広背筋も力がかかる箇所になるのでサーフィンをやっていたら自然とつく筋肉の1つとして知られています。

プロサーファーなどで広背筋がショボい人は1人たりともいないのでいかに鍛えられる箇所なのかが分かります。

筋肉痛になりやすいので良くストレッチをする必要があるでしょう。

腹筋

サーフィンのパフォーマンスを安定させるには体幹をしっかりとさせてブレないようにするのが大事です。

その体幹を支えるのが腰回りの筋肉で腹筋と背筋が重要になってきます。

サーフィンをやっていると腹筋と背筋に力を入れる機会が多いので久しぶりにやると筋肉痛になりやすい箇所の1つです。

サーフィンでよく使う筋肉のストレッチ方法

サーフィンで筋肉痛になりやすい箇所のストレッチ方法を動画でご紹介します。

首のストレッチ

画像出典:Youtube

動画URL:https://youtu.be/Tn3Q8pXA934

肩を落として呼吸をしっかりとする事が重要なポイントです。

首周りは傷めると他の手足、腰、背中などにも痛みがでてしまうので慌てずゆっくりとやってください。

上腕三頭筋のストレッチ

画像出典:Youtube

動画URL:https://youtu.be/_K_eLtrNb38

しっかりと肘を頭の中央に寄せるようにして上腕三頭筋を意識する事でストレッチの効果が増します。

サーフィンに限らず他のスポーツでも見かけますが、良く知られているだけに適当にしてしまう方も少なくないので意識して行っていきましょう。

広背筋のストレッチ

画像出典:Youtube

動画URL:https://youtu.be/aSrdZ4aNRmg

身体が硬い人でも手軽にできて広背筋がしっかりと伸ばせるいいストレッチ方法です。

できるだけ手を遠くに伸ばして背中を伸ばすのがポイントです。

腹筋のストレッチ

画像出典:Youtube

動画URL:https://youtu.be/-1cM22cq-Gw

一見すると背中に関係しそうなストレッチでシンプルですが、しっかりと効果のあるストレッチ方法です。

お腹の力が入っているとあまり伸びないのでお腹を突き出すようにして力を抜いてストレッチをしてみて下さい。

スポンサーリンク

サーフィン後の筋肉痛を和らげる方法

栄養を取る

筋肉痛は言い方を変えると筋肉を傷つけている行為です。

その筋肉痛が治る時にちょっと前よりも太くなるのでそれの繰り返しで筋肉ってついていく訳ですが、その回復だってしっかりとした栄養が無いと回復してくれません。

重要なのはたんぱく質とビタミン、ミネラルです。

これらは筋肉の修復に重要な栄養素と言われていて卵や納豆、牛乳、お肉、魚、緑黄色野菜等をバランスよく摂る必要があります。

最近はサプリなどがありますが、何でも食べるのが食の基本ですからしっかりと食事をとるようにしてください。

体を温める

温熱療法と呼ばれる方法で身体を温める事により血流を良くして疲労物質を排除する方法です。

血流が良くなる事で全身に栄養や酸素が行き渡りやすくなり、筋肉の回復が早くなり、結果として筋肉痛が軽減されると言う訳です。

アイシング

使った後の筋肉をいたわるのに有効なのがアイシングです。

野球のピッチャーが降板した後に肩にぐるぐる巻きにしているのもアイシングです。

肩を大事にする野球において重要視されている様に、パドリングで使った後の筋肉を冷やすことで翌日の疲れを軽減する事に繋がります。

もちろん、遠方から来ているサーファーは保冷剤を冷たいまま持ってきてサーフィン後もその冷たさを維持するというのは難しいですので、できるならやった方が良いくらいで覚えておいて下さい。

まとめ

サーフィンで筋肉痛になりやすい場所について解説してきました。

最低限、上記のストレッチをサーフィンの前後で行っておけば筋肉痛で悩まされるという事はないでしょう。

サーフィンに限った話では無いですが、スポーツの上級者になればなるほどこういった身体のケアを怠りません。

身体のケアやケガをする事がどれだけ大変なのかが分かっているからです。

あなたも翌日に筋肉痛を残さない為にもしっかりとストレッチを行ってくださいね。

☆★サーフラボをLINE友だち登録で★☆

☆★サーフィン情報を毎日GET★☆

友だち追加

スポンサーリンク

おすすめの記事